テュルプ博士の参観日-びじゅチューン作品解説・動画・モデル(元ネタ)

びじゅチューン!『テュルプ博士の参観日』のモデル(元ネタ)作品は?

トュルプと自画像

『テュルプ博士の解剖学講義』『自画像』レンブラント・ファン・レイン

作品:テュルプ博士の解剖学講義
作者:レンブラント・ファン・レイン
所蔵:マウリッツハイス美術館

びじゅチューン!テュルプ博士の参観日』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、バロック美術の巨匠・レンブラントによる油彩画『テュルプ博士の解剖学講義』。

びじゅチューン!とは?アニメとモデル(元ネタ)の解説 全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

集団肖像画のような構図に、絞首刑になった犯罪者の遺体を解剖して見せるトュルプ博士と博士が器具で持ち上げた浅指屈筋を見つめる医学の専門家たちが描かれており、暗闇に浮かび上がる遺体や複数の顔はカラヴァッジョの作風も思わせます。

びじゅチューン!『テュルプ博士の参観日』解説・登場人物

びじゅチューン!『テュルプ博士の参観日』では、今日は栄光レンブラント小学校の参観日。授業科目はテュルプ博士による解剖学で、テュルプ博士の「この筋肉の名前(役目)は何でしょう?」の問いに答えられない我が子に「家で練習したじゃないか」とハラハラするパパたちが微笑ましい展開となっています。

歌詞係はレンブラントが25歳の頃の自画像。肖像画を得意としたレンブラントは、自らをモデルにした自画像も多数残しました。

参観日に向けて家で練習する子供とパパの横には、ボッティチェリ高校の先生(委員長はヴィーナスのダメダメ先生)の姿も。

「間違えてもいいんだよ」というメッセージが素敵な回でした

『テュルプ博士の参観日』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2018年9月26日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧

2013年のびじゅチューン!作品
2014年のびじゅチューン!作品
2015年のびじゅチューン!作品
2016年のびじゅチューン!作品
2017年のびじゅチューン!作品
2018年のびじゅチューン!作品
2019年のびじゅチューン!作品