Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

びじゅチューン!

びじゅチューン! びじゅチューン!

NHK Eテレ『びじゅチューン!』のモデル(元ネタ)になっている美術作品やびじゅチューン!に関する話題をまとめました。

びじゅチューン!

びじゅチューン!モデル(元ネタ)美術作品・歌詞・動画まとめました

びじゅチューン!(NHK・Eテレ)で放送された井上涼さんのアニメのモデル(元ネタ)作品を全て調べ、美術品の画像と共にまとめました。作品解説、歌詞、動画、放送データも併せてご紹介します。
びじゅチューン!

『ナルキッソス』カラヴァッジョ作品の解説

『ナルキッソス』は、水に映る自分の美しい姿に酔いしれ溺れ死んだ美少年ナルキッソスをモデルにしたカラヴァッジョによる1597年頃の作品。現在はローマ国立美術館所蔵。NHK・Eテレで放送中のテレビ番組「びじゅチューン!」のモデル作品に取り上げられるなど日本でも広く知られている作品です。
びじゅチューン!

『ラス・メニーナス』ディエゴ・ベラスケスの作品解説

『ラス・メニーナス』はバロックの巨匠であるスペインの画家ディエゴ・ベラスケスによる油彩画。『女官たち』『宮廷の侍女たち』とも。1656年に制作された大型の油彩画でスペイン史上最高の名画とも呼ばれるラス・メニーナスは現在スペインのプラド美術館に所蔵されています。
びじゅチューン!

『牛乳を注ぐ女』フェルメールの代表作・作品解説

ヨハネス・フェルメール『牛乳を注ぐ女』は、柔らかい光のなかで牛乳を壷に移しかえるふくよかな女性がモデルのフェルメール代表作。静謐な室内の表現、フェルメールブルーや螺旋を描く牛乳の様子など、フェルメールの魅力が詰まったこの油彩画の特徴・鑑賞ポイントをわかりやすく解説します。
びじゅチューン!

『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』フェルメールの代表作を解説

『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』はオランダバロックの画家ヨハネス・フェルメールの代表作。制作年は1665年-1666年頃、現在はオランダ・マウリッツハイス美術館が所蔵。少女の頭に巻かれたターバンのフェルメールブルーとイエロー、大粒の真珠の耳飾りが美しいこの油彩画の特徴や鑑賞ポイントをわかりやすく解説します。