噴火する背中-びじゅチューン!作品解説・モデル(元ネタ)・動画

びじゅチューン!『噴火する背中』のモデル(元ネタ)作品は?

噴火する背中_富士御神火文黒黄羅紗陣羽織

『富士御神火文黒黄羅紗陣羽織』大阪城天守閣

作品:富士御神火文黒黄羅紗陣羽織
読み:ふじごしんかもんくろきらしゃじんばおり
所蔵:大阪城天守閣(豊臣秀吉)

びじゅチューン!噴火する背中』のモデル(元ネタ)となった美術品は、豊臣秀吉が羽織っていたとされる陣羽織『富士御神火文黒黄羅紗陣羽織』。

びじゅチューン!ーアニメとモデル(元ネタ)の解説と全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

陣羽織とは、陣中に鎧の上に用いた羽織物で、武将たちはおしゃれな甲冑や陣羽織で個性や威光をアピールしました。伊達政宗の水玉模様陣羽織や豊臣秀吉の富士御神火文黒黄羅紗陣羽織は、いま見ても個性的で、現代のファッションに通じるものを感じます。

びじゅチューン!『噴火する背中』解説・登場人物

富士御神火文黒黄羅紗陣羽織の富士山

帰宅してホッとしたのも束の間、振り返ったパパが見たものは、富士御神火文黒黄羅紗陣羽織を羽織って料理するママの姿。

噴火を表す羽織のデザインを見て「自分のことが原因でママは背中で怒りをアピールしているのでは」と一気に不安になったパパは、誕生日?記念日?参観日?とママの怒りの原因を探しますが、どれも違う模様。黙っているママに不安ばかりが募るパパは、「我が家の将軍様がお怒りだ」と日ごろの行いを悔やみます。

その数分後、パパの勝手な誤解だったことが判明すると、気が緩んだパパは思わず「なんだ、やめてよ~ママはほんとややこしいんだから~」と軽口を叩き…室内は再び緊張ムードに…。

時すでに遅し…これは数日間は兵糧攻めかと…必死でママのご機嫌取りをするパパ。パパにそっとお茶を差し出すママはどうやら怒っていないようです。

部屋の壁にかかっているカレンダーには『便利だわブロードウェイ・ブギウギ』、子供部屋で眠る娘のベッドには『風神雷神図屏風デート』のぬいぐるみが登場。リビングに飾られた『火消しが来りて笛を吹く』の少年との写真は、晩ごはんが天ぷらだったあの日、バケツリレーで水をぶっかけられた記念でしょうか。ベッドで眠る飼い猫は『Walking!ニケ』にも登場する黒猫ちゃんです。

『噴火する背中』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2016年9月4日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧