フェルメールの絵画作品

フェルメールの絵画作品 フェルメールの作品

ヨハネス・フェルメールの絵画を作品ごとに解説します

フェルメールの作品

『水差しを持つ女』ヨハネス・フェルメール

『水差しを持つ女』は窓辺の明るい光のなかで水差しを持つ女性を描いたヨハネス・フェルメールの風俗画。1664年~1665年頃に製作された作品で、現在はアメリカのメトロポリタン美術館所蔵。綿密に計算された構図と寓意が込められた水差し、作品の特徴や鑑賞ポイントをご紹介します。
フェルメールの作品

『手紙を書く女』ヨハネス・フェルメール

『手紙を書く女』は、明るい光のなかで手紙を書く女性を描いたヨハネス・フェルメールの風俗画。現在はアメリカのワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されています。フェルメールによる風俗画には手紙の読み書きをしている女性が何度も登場していますが、手紙から視線を外し、鑑賞者である私たちを見つめているのは、この作品のみです。
フェルメールの作品

『牛乳を注ぐ女』ヨハネス・フェルメール

ヨハネス・フェルメール『牛乳を注ぐ女』は、柔らかい光のなかで牛乳を壷に移しかえるふくよかな女性がモデルのフェルメール代表作。静謐な室内の表現、フェルメールブルーや螺旋を描く牛乳の様子など、フェルメールの魅力が詰まったこの油彩画の特徴・鑑賞ポイントをわかりやすく解説します。
フェルメールの作品

『手紙を書く婦人と召使い』ヨハネス・フェルメール

『手紙を書く婦人と召使い』は、手紙を書く婦人とその家の召使いが描かれたヨハネス・フェルメールの油彩画。2度盗難の被害に遭った後アイルランド・アショナル・ギャラリーに寄贈されています。この作品の特徴や鑑賞ポイントを分かりやすくご紹介します。
フェルメールの作品

『取り持ち女』ヨハネス・フェルメール

フェルメール『取り持ち女』は、娼婦と男を仲介・斡旋する所謂やり手婆が描かれた油彩画。フェルメールの作品には制作年が記された作品が3点しかなく、これはそのなかで最も古い作品になります。作品の特徴・鑑賞ポイントをわかりやすく解説します。
フェルメールの作品

『真珠の首飾りの女』ヨハネス・フェルメール

『真珠の首飾りの女』は、真珠の首飾りを鏡に映して見る女性を描いたヨハネス・フェルメールの油彩画。現在はベルリン国立美術館の絵画館に所蔵されています。フェルメールがこの『真珠の首飾りの女』を制作した当時のオランダでは、真珠は高級な装飾品として人気があり、流行アイテムでもありました。
フェルメールの作品

『赤い帽子の女』ヨハネス・フェルメール

『赤い帽子の女』は赤い羽根帽子を被った女性が描かれたヨハネス・フェルメールの油彩画。現在はアメリカのワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されています。サイズが小さく、キャンバスではなく板に描かれていることからフェルメール作であるかどうか長らく真贋が分かれた作品です。
フェルメールの作品

『リュートを調弦する女』ヨハネス・フェルメール

『リュートを調弦する女』は、ヨハネス・フェルメールの油彩画。現在はアメリカのメトロポリタン美術館に所蔵されています。作品の損傷が激しく、一時は『リュートを調弦する女』はフェルメール作ではないと真贋が割れたこともありましたが、現在はフェルメール作であるというのが定説になっています。
フェルメールの作品

『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』ヨハネス・フェルメール

『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』はオランダバロックの画家ヨハネス・フェルメールの代表作。制作年は1665年-1666年頃、現在はオランダ・マウリッツハイス美術館が所蔵。少女の頭に巻かれたターバンのフェルメールブルーとイエロー、大粒の真珠の耳飾りが美しいこの油彩画の特徴や鑑賞ポイントをわかりやすく解説します。
フェルメールの作品

『デルフトの眺望』ヨハネス・フェルメール

フェルメール『デルフトの眺望』は、オランダ・デルフトの川辺と街並みが描かれた風景画。オランダ・デルフトはフェルメールが暮らした街です。寡作だったフェルメールの風景画は、この『デルフトの眺望』と『小路』の2点のみとなっています。
error:Content is protected