『マリアとマルタの家のキリスト』ヨハネス・フェルメール

マリアとマルタの家のキリスト

作品解説

ヨハネス・フェルメール『マリアとマルタの家のキリスト』ヨハネス・フェルメールの生涯と全作品はこちら

マリアとマルタの家のキリスト』は、ルカ福音書の有名なエピソードが描かれたヨハネス・フェルメールによる宗教画。フェルメール作品としては最大の作品サイズです。フェルメールが20代前半の頃、1654年~1655年頃に描いた作品とされており、現在はスコットランド国立美術館に所蔵されています。

フェルメールは風俗画で知られていますが、初期にはこのような宗教画も描いていました。寡作なフェルメールの宗教画は、この『マリアとマルタの家のキリスト』と『聖プラクセディス』の2点のみとなっています。

この『マリアとマルタの家のキリスト』では、キリストと目線を合せているのが姉マルタ、頬杖をついてキリストの話を聞いているのが妹マリア。キリストが姉妹の家を訪れると、姉マルタはもてなしのために忙しく働き、妹マリアはキリストの足元に座り込みキリストの話を聞き始めます。忙しく働く姉マルタは、キリストに働かない妹マリアをたしなめるよう頼みますが、キリストは「マリアは良いほう(神の話を聞くこと)を選んだ」と妹マリアを褒め、姉マルタを諭すというエピソードです。

鑑賞のポイント

マリアとマルタの家のキリスト明暗表現柔らかい光の表現にこだわっていたことで知られるフェルメール。初期のこの作品『マリアとマルタの家のキリスト』では、まだそのこだわりは控えめではありますが、キリストの顔や手には影を入れず姉妹の顔は影で暗くし、テーブルクロスを真っ白に表現するなど、明暗の表現によって見る者の目線をキリスト周辺に集中させる効果を狙っていることが分かります。明るく描かれたキリストの手は大きく肉厚で、キリストの包容力を表しているかのようです。

フェルメールは作品のなかにしばしばタペストリーを描きいれていますが、初期のこの作品にも妹マリアの後ろのテーブルにタペストリーがかけられています。
同じ主題の絵画にエラスムス・クウェリヌス作『マリアとマルタの家のキリスト』、ベラスケス作『マリアとマルタの家のキリスト』があり、フェルメールはエラスムス・クウェリヌス作品の影響を受けているといわれています。見比べてみるのも面白いでしょう。

基本情報

作品名:マリアとマルタの家のキリスト
Title:Christ in the House of Martha and Mary
Artist:Johannes Vermeer
制作年:1654年-1655年頃
種類:キャンバス、油彩
寸法:158.5cm×141.5cm
所有者:スコットランド国立美術館

フェルメール展

『マリアとマルタの家のキリスト』は2018年秋スタートのフェルメール展に展示されます。この機会にぜひ本物の名画をご覧ください。

フェルメール展
上野の森美術館 2018年10月5日~2019年2月3日
大阪市立美術館 2019年2月16日~2019年5月12日

フェルメール展の混雑状況は?見どころとチケット購入方法
東京・大阪で開催されるフェルメール展。それぞれの会場の見どころ、展示作品、混雑状況、口コミ・評判、チケット購入の注意点などをご紹介します。
【混雑は?】フェルメール展・上野の森美術館に行ってきました
フェルメール展・上野の森美術館に出かけたレポートです。実際の混雑状況や待ち時間、注意点、おすすめ鑑賞プランをご紹介します。人気のフェルメール『牛乳を注ぐ女』『手紙を書く女』日本初公開の『赤い帽子の女』など今話題の展覧会です。

ヨハネス・フェルメールとは

フェルメールの生涯・作品・鑑賞ポイント

ヨハネス・フェルメールは、光の魔術師とも呼ばれるバロック美術の巨匠です。柔らかな光の溢れる油彩画を得意とし、代表作に『真珠の耳飾りの少女』『牛乳を注ぐ女』『デルフトの眺望』などがあります。フェルメールは現存する作品が大変少なく、寡作の画家としても知られます。

ヨハネス・フェルメールの生涯と作品解説
ヨハネス・フェルメールは名画『真珠の耳飾りの少女』『牛乳を注ぐ女』などの代表作があるバロック期のオランダ人画家です。現存する絵画30数点という寡作の画家でも知られるフェルメールの生涯や絵画技法、全作品を一挙紹介。柔らかい光に包まれた市民の日常を淡々と描き出すフェルメール作品の鑑賞ポイントもわかりやすく解説します。

YouTube動画 フェルメール全作品集

ヨハネス・フェルメールの全作品を4分にまとめた動画をYouTubeにアップしました。動画は今後も画家別に作っていく予定です。よろしければチャンネル登録をお願いいたします。

美術検定のススメ

西洋美術史や絵画がお好きな皆様、美術鑑賞者を対象にしたアートな検定試験『美術検定』をご存知ですか?アート初心者なら4級から、美術展によく足を運ばれているなら3級以上からの挑戦がおすすめ。美術検定の解説や勉強法などをご紹介します。

挑戦!美術検定
美術検定とはどのような試験なのか、級ごとの特徴や難易度、効果的な勉強法、おすすめのテキストなど、美術検定合格のための方法をご紹介します。
error:Content is protected