ランチは地獄の門の奥に-びじゅチューン解説・作品モデル・動画

びじゅチューン!『ランチは地獄の門の奥に』のモデル(元ネタ)作品は?

ランチは地獄の門の奥に_オーギュスト・ロダン『地獄の門』

国立西洋美術館前に設置された地獄の門(撮影:美術ファン)

『地獄の門』オーギュスト・ロダン

作品:地獄の門
作者:オーギュスト・ロダン

びじゅチューン!ランチは地獄の門の奥に』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、彫刻家オーギュスト・ロダンによるブロンズ彫刻『地獄の門』。ロダンの代表作『考える人』や『接吻』の原点となる作品です。

びじゅチューン!ーアニメとモデル(元ネタ)の解説と全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

『地獄の門』のモティーフは、「この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」の銘文でも知られるダンテ『神曲』に登場する「地獄への入り口への門」。高さ6メートルの門に200体あまりの人物像が配置されている『地獄の門』はこれまで7点制作されており、日本では国立西洋美術館や静岡県立美術館で鑑賞することができます。

国立西洋美術館(上野)の地獄の門は美術館の外に設置されていて誰でも自由に鑑賞できます

びじゅチューン!『ランチは地獄の門の奥に』解説・登場人物

ロダン『考える人』

クールな「考える人」もランチのためならダッシュ

びじゅチューン!『ランチは地獄の門の奥に』では、『地獄の門』が地獄スーパーの入り口、地獄の門の人物像が地獄スーパーのタイムセールランチを狙う「欲しがる罪びとたち」に。

12時きっかりに開く地獄スーパーの開門をそわそわと待っていた罪びとたちは、地獄スーパーの開門と同時にダッシュ!今日も過酷なランチの争奪戦が始まります。

歯車生活のなかで「せめてランチひとつだけは」と急ぐ罪びとたちですが、無慈悲にも地獄の門は「買える者」と「買えざる者」に分けるのです。…どうしてもランチのお弁当を買いたい罪びとたちは翌日も地獄スーパーへ。

「欲しがる罪びとたち」が争奪戦を繰り広げていた地獄スーパーのお弁当の中身は

・血の色チキンライス
・ミノタウロスの肉巻きアスパラ
・ハルピュイアイの森のごぼう
・火の雪ミニトマト
・叫びナルト(ムンクの叫びラーメン

タイムセールのお弁当をゲットできた「考える人」が思わずにっこりしてしまう豪華なラインナップです。

考える人が着けている腕時計と同じデザインの掛け時計は『写楽式洗顔』と『立体曼荼羅マスゲーム』にも登場しました。

開門と同時に半額セールなんて!まるで天国のようです

『ランチは地獄の門の奥に』放送データ・作者・歌詞・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2015年5月3日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:ランチは地獄の門の奥に
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧