『絵画芸術(画家のアトリエ・絵画の寓意)』ヨハネス・フェルメール

絵画芸術(画家のアトリエ・絵画の寓意)

作品解説

ヨハネス・フェルメール『アトリエの画家(絵画芸術の寓意)』ヨハネス・フェルメールの生涯と全作品一覧はこちら

絵画芸術』はアトリエで絵画を制作する画家を描いたヨハネス・フェルメールの寓意画。『画家のアトリエ』『絵画の寓意』『アトリエの寓意』とも。1666年~1667年頃に制作された油彩画で現在はオーストリア美術史美術館に所蔵されています。

風俗画の印象が強いフェルメールですが、作品の中に寓意を込めることも多く、この作品でもアトリエでモデルを描く画家を主題にしながら、絵画のなかに数々の寓意を込めました。この幅1メートルという大きなサイズの絵画『絵画芸術』に個人的な思い入れもあったのか、フェルメールはこの作品を最後まで手元に置いていました。

鑑賞のポイント

絵画芸術のモデルは誰?

フェルメール作『アトリエの画家』に描かれているフェルメール本人と思われる後ろ姿
『絵画芸術』のモデルになっている女性は、頭に繁栄と名誉を指す月桂樹、手には本と細長いラッパを持っており、文芸の女神クレイオ絵画の寓意と考えられます。画面のこちら側に背を向けて絵画を制作している画家はフェルメール本人といわれています。フェルメールが自身を絵画のなかに描き込んでいるのは、この『絵画芸術』と『取り持ち女』のみです。

ルプソワールによる奥行き感の演出

画面の左側には柄物のカーテンがかけられています。カーテンは左上に向かって捲り上げられており、私たち鑑賞者は、まるでカーテンを捲って画家のアトリエを覗き見ているような気分に陥ります。これはルプソワールと呼ばれ、手前に置いたアイテムにより、奥行き感が強調される手法です。ルネサンス時代にも見られる表現であるルプソワールをフェルメールはしばしば構図に活用しました。

インテリアの流行だった古い地図

フェルメール『絵画芸術』に描きこまれた地図
壁にかけられているのは古いオランダ(ネーデルラント)の地図。この時代のオランダでは古い地図をインテリアとして飾ることが流行しており、一般的な家庭でも地図に親しんでいたようです。この『絵画芸術』も当時のオランダの流行を取り入れているものと考えられます。

カトリック教徒を示すハプスブルク家の紋章

フェルメール『絵画芸術』に描きこまれたシャンデリア

プロテスタントの国であるオランダにおいて、フェルメールは結婚の際にカトリックに改宗している可能性が指摘されています。

『絵画芸術』の天井から吊るされたシャンデリアの細工にハプスブルク家の紋章である鷲が見えるのは、ハプスブルク家がネーデルラントを統治した歴史があったことだけでなく、ハプスブルク家がカトリック教徒だったことも関係しているのでしょう。画家としてのキャリアのなかでは初期にしか宗教画を残していないフェルメールですが、こうしたアイテムからフェルメールの信仰への思いを伺い知ることができます。

基本情報

作品名:絵画芸術(画家のアトリエ・絵画の寓意)
英語名:The Art of Painting
制作年:1666年-1667年頃
種類:キャンバス、油彩
寸法:120cm×100cm
所有者:美術史美術館(オーストリア)

ヨハネス・フェルメールとは

フェルメールの生涯と作品の特徴

ヨハネス・フェルメールはバロック期に活躍したオランダの画家です。柔らかな光の溢れる風俗画が人気のフェルメールは、現存する作品が35点前後という寡作の画家でも知られます。

ヨハネス・フェルメールの生涯と作品解説
ヨハネス・フェルメールは名画『真珠の耳飾りの少女』『牛乳を注ぐ女』などの代表作があるバロック期のオランダ人画家です。現存する絵画30数点という寡作の画家でも知られるフェルメールの生涯や絵画技法、全作品を一挙紹介。柔らかい光に包まれた市民の日常を淡々と描き出すフェルメール作品の鑑賞ポイントもわかりやすく解説します。

YouTube動画フェルメール全作品集

ヨハネス・フェルメールの全作品を4分にまとめた動画をYouTubeにアップしました。動画は今後も画家別に作っていく予定です。よろしければチャンネル登録をお願いいたします。

error:Content is protected