平熱でうらめしや-びじゅチューン作品解説・モデル(元ネタ)・動画

びじゅチューン!『平熱でうらめしや』のモデル(元ネタ)作品は?

『平熱でうらめしや』びじゅチューン

『幽霊図』円山応挙

作品:幽霊図(お雪の幻)
作者:円山応挙
所蔵:個人蔵(カリフォルニア大学バークレー美術館に寄託)

びじゅチューン!平熱でうらめしや』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した絵師・円山応挙による幽霊画『幽霊図(お雪の幻)』。

びじゅチューン!とは?アニメとモデル(元ネタ)の解説 全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

お雪は円山応挙の先妻。幽霊図の幽霊と言うと、痩せ細り、恐ろしげな様相の場合がほとんどですが、本作の幽霊はふっくらしており、上品な顔立ちです。円山応挙は「初めて脚のない幽霊を描いた画家」と言われています。

びじゅチューン!『平熱でうらめしや』解説・登場人物

びじゅチューン!『平熱でうらめしや』には、いま読んでいる本「梅あゆみ物語(紅白梅図屏風グラフのアイドル)」がいいところに差し掛かっていて学校をサボりたい姉・お雪、「ズル休みするつもり?」と姉に疑惑の眼差しを向ける妹、徳願寺の幽霊図がモデルのママ、『ムンクの叫びラーメン』のマグカップを使っているパパが登場。幽霊ファミリーの自宅には「霊村」の表札が掲げられています。

姉・お雪に疑惑の眼差しを向ける妹のモデルは、円山主水(応挙)の幽霊図を模写した歌川芳幾「百もの語 魂魄」か、徳蔵寺の幽霊図でしょうか(ちょっと自信がありません…汗)。

お雪姉ちゃんの部屋にはボッティチェリ高校の制服がかかっており、毎朝『保健室に太陽の塔』に登場した女子高生と一緒に登校している様子。学校ではヴィーナス委員長(委員長はヴィーナス)、唐獅子(アイネクライネ唐獅子ムジーク)、ドジョウ(オフィーリア、まだまだ)たちと共に『指揮者が手』のオーケストラに所属、お雪姉ちゃんの担当はマリンバ(?)です。

『平熱でうらめしや』の歌詞係は円山応挙が担当。懐中電灯で自らの顔を下から照らし、ささやかな恐怖感を演出してくれています。

幽霊にも体温がある?という発想が素敵です

『平熱でうらめしや』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2018年8月29日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧

2013年のびじゅチューン!作品
2014年のびじゅチューン!作品
2015年のびじゅチューン!作品
2016年のびじゅチューン!作品
2017年のびじゅチューン!作品
2018年のびじゅチューン!作品
2019年のびじゅチューン!作品