指揮者が手-びじゅチューン作品解説・モデル(元ネタ)・動画まとめ

びじゅチューン!『指揮者が手』のモデル(元ネタ)作品は?

指揮者が手

『手』『鯰』高村光太郎

作品:手
作者:高村光太郎
所蔵:東京国立近代美術館

びじゅチューン!指揮者が手』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、高村光太郎によるブロンズ彫刻『』です。

びじゅチューン!ーアニメとモデル(元ネタ)の解説と全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

高村光太郎は詩人・歌人であり芸術家でもあるマルチなアーティストで、高村光太郎の父親は上野恩賜公園の西郷隆盛像や老猿(東京国立博物館蔵)で知られる著名な彫刻家・高村光雲です。

びじゅチューン!『指揮者が手』解説・登場人物

びじゅチューン!『指揮者が手』では、手だけの指揮者が舞台に上がり、丁寧なニュアンスを伝えながらバンドを率いる指揮を始めます。

オーケストラには、ヴィーナス委員長(委員長はヴィーナス)、唐獅子(アイネクライネ唐獅子ムジーク)、花輪を被ったドジョウ(オフィーリアまだまだ)、お雪(平熱でうらめしや)などボッティチェリ高校の生徒たちも登場。歌詞係は手の作者・高村光太郎です。

写真は美術ファン管理人が国立近代美術館で撮影してきたもの。彫刻『手』の右斜め後ろのガラスケースのなかにはびじゅチューン!『指揮者が手』に「て・て・て・」と並んで登場する木彫りの『鯰』が展示されています。

『鯰』の写真うっかり撮り忘れ…次回、近美に出かけたときに撮ってきます

『指揮者が手』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2018年10月31日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧