Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)の生涯と代表作・作品解説

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)とは?

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ

オッタヴィオ・レオーニ作・カラヴァッジオ肖像画

オッタヴィオ・レオーニ作・カラヴァッジオ肖像画

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio)はバロックを代表する画家。カラヴァッジオとも。

写実性と劇的な明暗表現を組み合わせたカラヴァッジョの作風は、これまでにないドラマティックな絵画として人気を博し、カラヴァジェスキカラヴァジェスティ)と呼ばれる多くの模倣者を生み出したほか、全ヨーロッパの芸術家に影響を及ぼしました。

カラヴァッジョの代表作に『果物籠』『聖マタイの召令』『キリストの埋葬』などがあります。

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)の生涯

1571年、ミラノの田舎カラヴァッジョ村に生まれ、ミケランジェロと命名されたカラヴァッジョ。ロンバルディア地方で大流行したペストにより父、祖父、叔父を亡くし、13歳でフレスコ画家に弟子入りしました。

ケンカが原因でミラノを出ることになったカラヴァッジョは、22歳でローマのダルピーノ工房へ。24歳のときに『バッカス』でローマ・カトリック教会の枢機卿フランチェスコ・マリア・デル・モンテに才能を認められ、その後『聖マタイの殉教』『聖マタイの召命』で一躍スター画家への道を駆け上ります。

カラヴァッジオを一躍スターにした『聖マタイの召命』『聖マタイの殉教』

カラヴァッジオを一躍スターにした『聖マタイの召命』『聖マタイの殉教』

しかし、短気でケンカっ早い性格が災いし、カラヴァッジョは画家として有名になってからもトラブルを起こし続けました。ローマの警察記録には10回以上もカラヴァッジョの名が残されており、とうとう35歳のときには、テニス賭博がきっかけで友人を刺殺してしまいます。世紀の画家カラヴァッジョは殺人犯へと転落を遂げてしまったのです。懸賞金を掛けられたカラヴァッジョはローマにいられなくなり、ヨーロッパ各地を転々とする生活を送ることになりました。

逃亡先でも作品を描き続けたカラヴァッジオ

逃亡先でも作品を描き続けたカラヴァッジオ

旅先でも作品の制作を続けていたカラヴァッジョは、逃亡先のマルタ島でマルタの騎士団長に絵を贈ってナイトの称号を受けたものの、再びケンカを起こしてナイトは剥奪に…投獄されたカラヴァッジョは何と脱獄を図り、今度はシチリアへ。新たな地シチリアでも画家としての名声を得ますが、やはりここでもトラブルを起こしたという記録が残っています。

絵の才能を認められ、人生の再起が叶いそうになると、またトラブル…そんな生活を繰り返していたカラヴァッジョは、ローマに戻ることを願い、恩赦を受けることを望んでいました。しかし皮肉にも恩赦を受けるための旅の途中で病に倒れ、ローマに戻ることが叶わぬまま、カラヴァッジョは38歳という若さでこの世を去りました。

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)の特徴・作品鑑賞ポイント

キアロスクーロやテネブリズムによる明暗表現

キアロスクーロを駆使したカラヴァッジオ

テネブリズムが劇的な効果を生んだ聖マタイの召令

カラヴァジョを語る上で外せないのが、ダイナミックでドラマティックな明暗表現。フェルメールが光の魔術師であるならば、カラヴァッジョは光と闇の魔術師です。

カラヴァッジョを一躍スター画家にした『聖マタイの召命』では、窓から一筋の光が差し込み、室内にいる人間たちを照らします。注目させたい部分以外を極端なほど暗く影にすることで、人物やキリストの指先が画面に浮かび上がって見えます。

レオナルド・ダ・ヴィンチが発見したといわれる技法キアロスクーロは、対象物に明暗(影)をつけて立体的に見せる、明暗で画面を構成するために使う技法のこと。そして、キアロスクーロより強烈なコントラストで明暗を表現するのがテネブリズム(劇的照明)です。

カラヴァッジョは、このキアロスクーロやテネブリズムを作品に取り入れることで、劇的にドラマティックな画面を構成してみせた最初の画家と言って良いでしょう。

リアリティあるカラヴァッジョの宗教画

批判も受けたカラヴァッジオの宗教画

批判も受けたカラヴァッジオの宗教画

カラヴァッジョは、マリアを身分の低い身なりや生々しい死体として描くなど、それまでの宗教画では有り得なかった表現にも挑戦していきます。日常的であったり、過激すぎたりするカラヴァッジョの宗教画は、教会から「神聖な宗教画を冒涜している」「敬意が足りない」と批判され、購入を拒否されることもありました。

一方でカラヴァッジョの作品は教会の上層部からは高く評価されていたようです。

この時代の庶民の識字率は高くなかったため、教会にとって布教のための宗教画は必要不可欠なものでした。日常的な舞台に親しみを持つと同時に、絵画のなかの人物に感情移入し、自分の姿と置きかえて見ることができるカラヴァッジョの宗教画は布教ツールとしてうってつけだったのでしょう。

カラヴァッジョの影響は全ヨーロッパへ

ルーベンスやレンブラントにも影響を与えたカラヴァッジオ

ルーベンスやレンブラントにも影響を与えたカラヴァッジオ

カラヴァッジョの革新的な表現が芸術家たちに与えたインパクトは、イタリアから北ヨーロッパ、そして全ヨーロッパへと波及していきます。

カラヴァッジョの影響力は、カラヴァッジョの作風を模倣したり、カラヴァッジョ色の濃い作品を制作するカラヴァッジェスキ(カラヴァジェスティ)と呼ばれるカラヴァッジョ主義者を生み出すほどでした。代表的なカラヴァッジェスキにアルテミジア・ジェンティレスキがおり、彼女は女性として初めてアカデミーに加わるなど、その実力は高く評価されています。

カラヴァッジョの作風は一時のブームで終わることなくルーベンスベラスケス、レンブラントといった後世の巨匠たちにも影響を与えました。

2019年 カラヴァッジョ展 開催決定

カラヴァッジョ展

2019年にカラヴァッジョ展が開催されることが発表になりました。2019年のカラヴァッジョ展は札幌・名古屋・大阪を巡回、『病めるバッカス』『ゴリアテの首を持つダヴィデ』『ホロフェルネスの首を斬るユディト』などカラヴァッジョ代表作の来日が予定されています。

カラヴァッジョ展2019

北海道立近代美術館
2019年8月10日~10月14日

名古屋市美術館
2019年10月26日~12月15日

あべのハルカス美術館
2019年12月26日~2020年2月16日

2018-2019年 展覧会スケジュールカレンダー
2018-2019年に話題の展覧会や美術ファンおすすめの展覧会を月別スケジュールカレンダーに。各展覧会の見どころ、混雑予想、口コミ・評判、チケットなど最新情報にリンクしています。

カラヴァッジョの代表作・主要作品紹介は次ページへ >>