Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『ホロフェルネスの首を斬るユディト』カラヴァッジョ作品の解説

カラヴァッジョ作『ホロフェルネスの首を斬るユディト』

『ホロフェルネスの首を斬るユディト』作品解説

カラヴァッジョ『ホロフェルネスの首を斬るユディト』1598-1599年国立古典絵画館(ローマ)

ホロフェルネスの首を斬るユディト』は、旧約聖書外典「ユディト記」の一場面を描いた作品。初期バロック美術の巨匠・カラヴァッジョが1598-1599年頃に制作した油彩画で、現在はローマにある国立古典絵画館が所蔵しています。

暗闇にホロフェルネスの上半身とユディトだけが浮かび上がるカラヴァッジョの巧みな光の使い方が見事な作品です。

美しい未亡人ユディトが、敵であるホロフェルネスの寝込みを襲い首を切り落として国を救ったというユディト記は、ジョルジョーネルーカス・クラーナハも作品にするなどカラヴァッジョ以前の画家たちにも人気の主題でしたが、今まさにホロフェルネスの首が切り落とされるというカラヴァッジョのショッキングな画面構成は、バロックおよびバロック以降の芸術表現に大きな影響を与えました。

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)の生涯と代表作・作品解説
カラヴァッジオ(カラヴァッジョ)はバロックを代表する画家。カラヴァッジオの写実性と劇的な明暗表現を組み合わせた作風は、これまでにないドラマティックな宗教画を生み出し、カラヴァジェスキと呼ばれる多くの模倣者ほか全ヨーロッパの芸術家に影響を及ぼしました。

きっかけはベアトリーチェ・チェンチの斬首刑?

グイド・レーニ『ベアトリーチェ・チェンチ』1662年 パラッツォ・バルベリーニ

グイド・レーニ作『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

カラヴァッジョが『ホロフェルネスの首を斬るユディト』を制作していた1598-1599年のイタリアは、ベアトリーチェ・チェンチの処刑で大騒ぎになっていました。

ベアトリーチェ・チェンチの罪状は父親の殺害。ベアトリーチェの父親フランチェスコは妻や子供に暴力を振るい、ベアトリーチェに性的虐待まで行っていたひどい男で、家族は裁判局に父親の暴力を訴えますが、訴えは認められず、家族は絶望の中で父親を殺すことを決意。一家で父親を金槌で撲殺した後バルコニーから落とし、事故を偽装したのです。

ベアトリーチェらチェンチ一家は殺人罪で逮捕され、死刑宣告を受けますが、殺害の理由が父親にあることを知ったイタリアの人々は死刑判決に猛抗議。しかし処刑が取りやめになることはなく、1599年、ベアトリーチェは兄や継母らと共に公開処刑にて斬首されました。

カラヴァッジョがチェンチ一家の処刑を目撃していたかは分かりませんが、美しいベアトリーチェが処刑されるという悲劇は、カラヴァッジョも見聞きしていたと考えられます。ベアトリーチェ・チェンチの処刑が本作『ホロフェルネスの首を斬るユディト』に影響を与えた可能性も大いにあるでしょう。

恐怖と緊張に満ちたユディトたちの表情

カラヴァッジョ『ホロフェルネスの首を斬るユディト』のなかで、今まさにホロフェルネスの首を切り落とそうとしているユディトの表情は眉間に皺が寄っており、敵を倒すという意気込みよりも恐怖や嫌悪感のほうが強く表れているようです。

ユディトの横に立つ老婆は目を見開き、切り落とされるホロフェルネスの首を凝視しています。ホロフェルネスの生首を入れるための袋を持った老婆の手にはギュッと力が込められており、場の緊張感が伝わってくるようです。

生が尽きる死に際のホロフェルネス

ユディトの持つ剣はホロフェルネスの首の半分ほどまで食い込み、首を切り落とす直前です。すっかり油断し寝込みを襲われたホロフェルネスは、自分の身に起きたことが信じられないといった恐怖に満ちた表情で、首からは血が噴き出しています。

カラヴァジェスキによる同主題の作品

ジェンティレスキによる作品

カラヴァッジョの活躍以降、カラヴァジェスキ(カラヴァッジョ主義者)と呼ばれる、カラヴァッジョの作風を真似る模倣者たちが現れました。

カラヴァジェスキとして知られるアルテミジア・ジェンティレスキは、本作『ホロフェルネスの首を斬るユディト』と同じ主題で作品を制作しており、アルテミジアの代表作となっています。

『ホロフェルネスの首を斬るユディト』基本情報

  • 作品名:ホロフェルネスの首を斬るユディト
  • Title:Judith beheading Holofernes
  • 作者:カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)
  • 制作年:1598-1599年
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 寸法:145cm×195cm
  • 所有者:国立古典絵画館(ローマ)
カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)の生涯と代表作・作品解説
カラヴァッジオ(カラヴァッジョ)はバロックを代表する画家。カラヴァッジオの写実性と劇的な明暗表現を組み合わせた作風は、これまでにないドラマティックな宗教画を生み出し、カラヴァジェスキと呼ばれる多くの模倣者ほか全ヨーロッパの芸術家に影響を及ぼしました。

2019年 カラヴァッジョ展に来日決定

カラヴァッジョ展

2019年にカラヴァッジョ展が開催されることが発表になりました。

札幌・名古屋・大阪を巡回するカラヴァッジョ展には、このページでご紹介している『ホロフェルネスの首を斬るユディト』ほか、『病めるバッカス』『ゴリアテの首を持つダヴィデ』『法悦のマグダラのマリア』などカラヴァッジョ代表作の来日が予定されています。

会場ごとに作品の展示内容が異なるようですので、詳細が分かり次第追記します。

カラヴァッジョ展2019

北海道立近代美術館
2019年8月10日~10月14日

名古屋市美術館
2019年10月26日~12月15日

あべのハルカス美術館
2019年12月26日~2020年2月16日

2018-2019年 展覧会スケジュールカレンダー
2018-2019年に話題の展覧会や美術ファンおすすめの展覧会を月別スケジュールカレンダーに。各展覧会の見どころ、混雑予想、口コミ・評判、チケットなど最新情報にリンクしています。