『ナルキッソス』カラヴァッジョ作品の解説

スポンサーリンク

カラヴァッジョ作『ナルキッソス』

『ナルキッソス』作品解説

カラヴァッジョ『ナルキッソス』1597年頃ローマ国立美術館

ナルキッソス』は、水に映る自分の美しい姿に酔いしれて溺れ死んだ美少年ナルキッソス(ナルシス)をモデルにしたカラヴァッジョによる作品。1597年頃に制作された油彩画で現在はローマ国立美術館に所蔵されています。

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)の生涯と代表作・作品解説
カラヴァッジオ(カラヴァッジョ)はバロックを代表する画家。カラヴァッジオの写実性と劇的な明暗表現を組み合わせた作風は、これまでにないドラマティックな宗教画を生み出し、カラヴァジェスキと呼ばれる多くの模倣者ほか全ヨーロッパの芸術家に影響を及ぼしました。

カラヴァッジョの『ナルキッソス』は、NHK・Eテレで放送中のテレビ番組「びじゅチューン!」のモデル作品にも取り上げられるなど、日本でも広く知られている作品です。

びじゅチューン!モデル(元ネタ)美術作品・歌詞・動画まとめました
びじゅチューン!(NHK・Eテレ)で放送された井上涼さんのアニメのモデル(元ネタ)作品を全て調べ、美術品の画像と共にまとめました。作品解説、歌詞、動画、放送データも併せてご紹介します。

ナルキッソスとは?ギリシャ神話

ナルキッソス(ナルシス)は、ギリシャ神話の登場人物です。

男性からも女性からも愛されていた若く美しいナルキッソスは、ナルキッソスに恋をした森の妖精エコーをひどい態度で振り、ショックを受けたエコーは声だけの言霊となってしまいます。

ナルキッソスのひどい態度を知った女神ネメシスは、ナルキッソスに自分自身しか愛せないという罰を与えました。

自分自身しか愛せなくなったナルキッソスは、水を飲もうと泉に顔を近づけたときに水面に映る美しい自分の姿を見て恋に落ち、あまりの美しさに水面から目を離すことができなくなります。そして美しい自分の姿に吸い込まれるように泉に落ちて死んでしまったのでした(水面を見つめたまま餓死という説も有)。

ナルシスト(ナルシシスト)とは?

自分のことが大好きな自己愛の強い人、自分に陶酔している人に対して「あの人はナルシストだから」といった言い方をすることがあります。

自己愛が強いことをナルシシズム、自己愛が強い人のことをナルシスト(英:ナルシシスト)と言いますが、この語源は前述のナルキッソスからきています。

上下に分断された絵を包み込む構図

カラヴァッジョ『ナルキッソス』は、画面を上下に分断するように地上と水面が描かれています。

水面に映る自分の姿に見とれるナルキッソスは、地面に手を付き肘を曲げた姿勢で、うっとりと自分自身を見つめ、恋に落ちた悩ましげな表情。まるで水面に映る自分自身と手のひらを重ね合わせているかのようにも見えます。

上下に分断された画面をナルキッソスの腕が包み込む構図にカラヴァッジョの巧みな計算が感じられます。

カラヴァッジョ『ナルキッソス』基本情報

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)の生涯と代表作・作品解説
カラヴァッジオ(カラヴァッジョ)はバロックを代表する画家。カラヴァッジオの写実性と劇的な明暗表現を組み合わせた作風は、これまでにないドラマティックな宗教画を生み出し、カラヴァジェスキと呼ばれる多くの模倣者ほか全ヨーロッパの芸術家に影響を及ぼしました。

2019-2020年 カラヴァッジョ展(札幌・名古屋・大阪)

2019-2020年 カラヴァッジョ展(札幌・名古屋・大阪)で展示される作品画像

2019-2020年、札幌・名古屋・大阪を巡回するカラヴァッジョ展が開催されています。日本初公開となるカラヴァッジョ作品や会場別限定展示作品、当初発表されていた作品の一部の来日中止など、話題を集めているカラヴァッジョ展。見どころや作品リスト、混雑状況などを記事にまとめました。

カラヴァッジョ展の見どころ・口コミ・混雑・チケットは?
札幌・名古屋・大阪と巡回するカラヴァッジョ展。光と影を操る天才画家カラヴァッジョの代表作『マグダラのマリア』ほか、各会場限定公開の作品も用意されており注目が集まっている展覧会です。カラヴァッジョ展の見どころ、展示作品、混雑状況、会場内の様子、口コミ・評判などをご紹介します。
2019-2020年 展覧会スケジュールカレンダー
2019年、話題の展覧会や美術ファンおすすめの展覧会を月別スケジュールカレンダーに。各展覧会の見どころ、混雑予想、口コミ・評判、チケットなど最新情報にリンクしています。
タイトルとURLをコピーしました