睡蓮ノート-びじゅチューン!作品解説・モデル(元ネタ)・動画

びじゅチューン!『睡蓮ノート』のモデル(元ネタ)作品は?

びじゅチューン『睡蓮ノート』

『睡蓮』クロード・モネ

作品:睡蓮
作者:クロード・モネ
所蔵:国立西洋美術館(東京・上野)

びじゅチューン!睡蓮ノート』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、印象派を代表するフランスの画家クロード・モネによる油彩画『睡蓮』。

モネは多くの睡蓮池の絵画を制作していますが、びじゅチューン!『睡蓮ノート』のモデルになっているのは、国立西洋美術館(東京・上野)が所蔵する『睡蓮』です。

びじゅチューン!とは?アニメとモデル(元ネタ)の解説 全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

印象派の巨匠 クロード・モネ

王立美術アカデミーが権威を持ち、国家主催のサロン(公募展)の審査基準もアカデミスム重視だった時代のフランスで、モネは印象派という名前が生まれるきっかけにもなった『印象・日の出』を発表。アカデミスムの模範的な作品と違いすぎる斬新な風景画は賛否(主に否)を巻き起こしました。

印象派のモネは生涯を通し、光の変化を表現することにこだわり続け、そのこだわりようは晩年にフランス北部のジヴェルニーの家に庭と池をこしらえるほどの徹底ぶりでした。

びじゅチューン!『睡蓮ノート』解説・登場人物

200点以上の『睡蓮』を残したクロード・モネ

200点以上の『睡蓮』を残したクロード・モネ

びじゅチューン!『睡蓮ノート』の主人公は、『ツタンカーmail』『プロポーズはラスコーの洞窟で』でもお馴染みのさゆりさん。

5時間目の古文の時間に睡蓮ノートを開いたさゆりさんは、行の途中に睡蓮が浮かぶノートを見つめながら、クラスメイトとの別れの日を想像し、自分の気持ちを睡蓮ノートに書いて沈めます。

まだまだ古文の授業中。池のなかを覗きたくなったさゆりさんは、ボッティチェリ高校の友人である『委員長はヴィーナス』のヴィーナス委員長と『転校しないで五絃琵琶』のさーちゃんを誘って睡蓮ノートにダイビング。カラフルで少しさびしくもある池の底に立ち、3人で記念撮影すると、さゆりさんは友人への変わらない気持ちを睡蓮ノートに書いて沈めました。

先生とクラスメイトたちの髪型が個性的すぎて毎朝セットが大変そうです

『睡蓮ノート』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2018年1月30日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧

2013年のびじゅチューン!作品
2014年のびじゅチューン!作品
2015年のびじゅチューン!作品
2016年のびじゅチューン!作品
2017年のびじゅチューン!作品
2018年のびじゅチューン!作品
2019年のびじゅチューン!作品