ひまわりがお掃除しちゃうわよ-びじゅチューン解説・モデル・動画

びじゅチューン!『ひまわりがお掃除しちゃうわよ』のモデル(元ネタ)作品は?

ひまわり(15本のひまわり)1887日本

『ひまわり』フィンセント・ファン・ゴッホ

作品:ひまわり
作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
所蔵:東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館

びじゅチューン!ひまわりがお掃除しちゃうわよ』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、ポスト印象派の巨匠・フィンセント・ファン・ゴッホによる油彩画『ひまわり』。

ゴッホが生涯に描いたひまわりは全部で7点あることが確認されていますが、今回びじゅチューン!『ひまわりがお掃除しちゃうわよ』のモデルになっているのは、1987年に安田火災が58億円で購入したことでも話題になった東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館所蔵の『ひまわり』です。

びじゅチューン!とは?アニメとモデル(元ネタ)の解説 全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

日本美術の影響を受けたゴッホは、パリからフランス・アルルの地へと移住しましたが、楽しみにしていたゴーギャンとの共同生活は2ヶ月で破綻。傷ついたゴッホは自分の耳を切るという事件を起こしてしまいます。ゴッホが本作『ひまわり』を描いたのはそのすぐ後のことです。

10年という短い画家生活のなかで、ゴッホが残した絵画は油彩だけでも860点前後あり、水彩や素描を含めるとその数は2,000点を超えています。本作『ひまわり』を含め、ゴッホは気に入った主題を繰り返し描きました。

びじゅチューン!『ひまわりがお掃除しちゃうわよ』解説・登場人物

びじゅチューン!『ひまわりがお掃除しちゃうわよ』では、油絵の具が厚く塗られたゴッホのひまわりが、高速で回転するタワシに変身し、お部屋も心もお掃除してくれます。

『星月夜』『アルルの寝室』などゴッホの名画が続々登場

お局のモナ・リザさんの下で働くOLさんが住んでいるのはゴッホとゴーギャンが共同生活を送ったフランス・アルルの『黄色い家(1888年)』、ひまわりがお掃除してくれるお部屋は『アルルの寝室(1888-1889年)』、黄色い家の窓の外には『カラスのいる麦畑(1890年)』の景色が広がっています。『星月夜(1889年)』の暗闇の下でひまわりが『ゴーギャンの肘掛け椅子(1888年)』に座って眺めているテレビ画面にはゴーギャンの姿も。

『アルルの寝室(オルセー美術館)』をモデルにしたびじゅチューン!作品『アルルの訳あり物件』もぜひどうぞ

『ひまわりがお掃除しちゃうわよ』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2017年1月26日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧

2013年のびじゅチューン!作品
2014年のびじゅチューン!作品
2015年のびじゅチューン!作品
2016年のびじゅチューン!作品
2017年のびじゅチューン!作品
2018年のびじゅチューン!作品
2019年のびじゅチューン!作品