小面の休日-びじゅチューン!作品解説・モデル(元ネタ)・動画

びじゅチューン!『小面の休日』のモデル(元ネタ)作品は?

庸久作『小面』観世宗家所蔵

『小面』庸久

作品:小面
作者:庸久
所蔵:観世宗家

びじゅチューン!小面の休日』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、能楽の観世宗家が所蔵する庸久作の能面『小面』。「箱入り娘」とも呼ばれます。

びじゅチューン!とは?アニメとモデル(元ネタ)の解説 全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

若く可愛い10代の娘を表現するために用いられる小面は、髪を中央で分け、眉毛を消して高眉を描き、歯はお歯黒で黒く染めているのが特徴。

能楽の舞台で能面を使用する際は、晴れやかな心や喜びを表すときはお面を少し上向きに(テラス)、悲しさを現すときにはお面を少し下向きに(クモラス)、微妙な角度や光の具合を使い分け、無表情に見える能面に命を吹き込みます。

びじゅチューン!『小面の休日』解説・登場人物

能楽で使われる小鼓

びじゅチューン!『小面の休日』では、箱入り娘の小面が女友達に連れ出されて外での休日を満喫。

電車の乗り継ぎやテイクアウトのシステム、リップやチークの新色のお試し、箱入り娘の小面にとっては、何もかもが新鮮な体験です。

うつむくことで悲しさ、見上げることで嬉しさを表現する小面。小面のわずかな変化を横目でチラリと確認するだけで察してくれる女友達は、そっとファストフードのフライドポテトを分けてくれます。カラオケボックスで一緒に歌ったり、ピンクのウイッグを試着したり、スマホで自撮りしたり、女友達と過ごす休日ですっかり箱入り娘を卒業した小面は、「今度は能を見にきてちょうだい」と女友達を誘うのでした。

小面を外に連れ出してくれた女友達は、ベーカリー空也の小窓を開けて店長に「集中してないのがバレバレ」と突っ込みを入れていた女の子。

女の子と小面が電車を乗り継いだ駅のホームには『姫路城と初デート』の谷くんも。スマホの画面を見て頬を赤らめているところを見ると、お相手は姫路城かもしれませんね。

『小面の休日』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2017年2月19日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧

2013年のびじゅチューン!作品
2014年のびじゅチューン!作品
2015年のびじゅチューン!作品
2016年のびじゅチューン!作品
2017年のびじゅチューン!作品
2018年のびじゅチューン!作品
2019年のびじゅチューン!作品