雨は愛すが人逃げる-びじゅチューン作品解説・モデル・元ネタ・動画

びじゅチューン!『雨は愛すが人逃げる』のモデル(元ネタ)作品は?

名所江戸百景 大はしあたけの夕立

『名所江戸百景 大はしあたけの夕立』歌川広重

作品:名所江戸百景 大はしあたけの夕立
作者:歌川広重

びじゅチューン!雨は愛すが人逃げる』のモデル(元ネタ)となった美術作品は、歌川広重による連作の浮世絵『名所江戸百景』のなかの1枚『大はしあたけの夕立』。鋭い多数の線で表現された激しい夕立のなか、笠や茣蓙をかぶり急いで橋を渡る町衆が描かれています。

びじゅチューン!ーアニメとモデル(元ネタ)の解説と全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

(左)名所江戸百景作者・歌川広重(右)ゴッホによる模写

作者である歌川広重は風景を主題にした木版画を得意とし、広重の死後に発表された連作の浮世絵『名所江戸百景』は大ベストセラーに。広重が描く江戸の町は当時の人々を魅了しました。

広重の浮世絵は19世紀ヨーロッパで一大ムーブメントを巻き起こしたジャポニスムにも強いインスピレーションを与え、後期印象派の巨匠・ゴッホは『亀戸梅屋舗』や『大はしあたけの夕立』など広重作品の模写を残しています。

びじゅチューン!『雨は愛すが人逃げる』解説・登場人物

びじゅチューン!雨は愛すが人逃げる』では、『大はしあたけの夕立』で激しい夕立を降らせていた雨が、「実は人好きだった」という設定で登場。

橋を行きかう人々や井戸端会議の様子を見ているうちに「好き好き好き」と気持ちが高ぶってしまい、ザーーーっと雨を降らせてしまう雨。人々はどしゃ降りに慌て、逃げて行ってしまいます。

「どうしたら人と仲良くできるだろう」と思い悩んだ雨が町衆に尋ねてみると、町衆はミーティングで知恵を出し合い、雨と人が仲良くなれる方法を模索。自分のために真剣に議論する町衆を見た雨は「どうしてそこまでしてくれるのか」と気持ちが高ぶり再び雨を降らせてしまいます。

町衆はおしゃれな雨具を使うことを思いつき、雨が降っても逃げ出さず、雨を楽しめるようになりました。

名所江戸百景『深川萬年橋』『目黒太鼓橋夕日の岡』

名所江戸百景『深川萬年橋』『目黒太鼓橋夕日の岡』

びじゅチューン!『雨は愛すが人逃げる』の作中には名所江戸百景から『深川萬年橋』の亀が登場。びじゅチューン!放送時にはびじゅチューン!作者の井上涼さんが『目黒太鼓橋』からロケも行いました。

びじゅチューン!『雨は愛すが人逃げる』の歌詞係は名所江戸百景の作者・歌川広重が担当。雨と仲良くするための町衆ミーティングを行っていたメンバーは、『見返りすぎてほぼドリル』の親方・おみつ・およねです。

『雨は愛すが人逃げる』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2017年3月30日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧