エスパーカフェ-びじゅチューン!作品解説・モデル(元ネタ)・動画

『エスパーカフェ』のモデル(元ネタ)作品は?

『アブサント(カフェにて)』エドガー・ドガ

作品:アブサント(カフェにて)
作者:エドガー・ドガ
所蔵:オルセー美術館

びじゅチューン!エスパーカフェ』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、印象派の画家エドガー・ドガによる油彩画『アブサント(カフェにて)』。カフェでアブサント(アブサン)を頼み、疲れたような、何を考えるでもなくただボーッとしているような、微妙な表情を見せる女性と、パイプを咥えた男性が描かれています。

びじゅチューン!とは?アニメとモデル(元ネタ)の解説 全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

頭に乗せた大きな帽子や派手な飾りのついた靴と、ぼんやりした表情のミスマッチが記憶に残るドガ作『アブサント(カフェにて)』は、書籍化されたTwitterの人気ハッシュタグ #名画で学ぶ主婦業 でも話題になりました。

都会の女性やバレリーナを描いたエドガー・ドガ

作者のドガは、都会の人物を作品の主題にすることを好み、屋内で仕事やバレエの稽古に励む女性、入浴中の女性の姿などを数多く描きました。なかでもバレリーナはドガの代名詞ともいえる主題。

裕福な家庭に育ちオペラ座の会員でもあったドガは、舞台上の可憐で華やかなバレリーナはもちろん、舞台裏で出番を待つバレリーナや稽古場でレッスンに励むバレリーナもありのままに描きだしています。

屋内にいる人物を描くことが多かったドガですが、屋外で馬の絵を描くこともありました。びじゅチューン!『エスパーカフェ』には、ドガの代表作からバレリーナや競馬馬が登場しています。

びじゅチューン!『エスパーカフェ』解説・登場人物

「カフェの椅子に腰掛けボーッとしている女性は、実は店を切り盛りしているエスパーだった」という設定で始まるびじゅチューン!『エスパーカフェ』。女性がエスパーという設定は「カフェのテーブルに脚が描かれていない」というところから思いついたのだそう。

エスパーカフェに来店しているお客さんは、『住んでます八橋蒔絵硯箱』の宮本さん、『お局のモナ・リザさん』の部下として働くOLさん、『鮭ミラーボール』『電気さえあれば』で踊り『龍虎旅館』で温泉に浸かっていたうさぎで、エスパーは3人の心の中にある本当のオーダーを探り出したり、念力でカフェのテーブルを浮かせたりモーニングを用意してくれたりと大忙し。女性がボーッとした表情に見えるのは「念力に集中しているから」だったのですね。

宮本さんとOLさんは特急三日月宗近でも前後の座席でした

『エスパーカフェ』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2019年9月25日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧

2013年のびじゅチューン!作品
2014年のびじゅチューン!作品
2015年のびじゅチューン!作品
2016年のびじゅチューン!作品
2017年のびじゅチューン!作品
2018年のびじゅチューン!作品
2019年のびじゅチューン!作品