出会えないりんごとオレンジ-びじゅチューン作品解説・モデル・動画

びじゅチューン!『出会えないりんごとオレンジ』のモデル(元ネタ)作品は?

林檎とオレンジ1899

『りんごとオレンジのある静物』ポール・セザンヌ

作品:りんごとオレンジのある静物
作者:ポール・セザンヌ
所蔵:オルセー美術館

びじゅチューン!出会えないりんごとオレンジ』のモデル(元ネタ)となった美術作品は、フランス・後期印象派の三大巨匠のひとりポール・セザンヌによる油彩画『りんごとオレンジのある静物』。

びじゅチューン!ーアニメとモデル(元ネタ)の解説と全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

セザンヌの作品は「一見バランスが崩れているようでいて、全体をよく見るとバランスが取れている」のが特徴。これは1つの画面の中に複数の視点・角度から見たものをまとめ入れ、色と形でバランスを取っているからで、セザンヌの絶妙なバランス感覚と斬新な画面構成はは、キュビスムなど後世の画家たちにも大きな影響を与えました。

単純な形と色にこだわりのあったセザンヌは、本作『りんごとオレンジのある静物』のような静物画のほか、サント・ヴィクトワール山などの風景画、セザンヌ夫人などの人物画にもセザンヌらしいこだわりを発揮しています。

びじゅチューン!『出会えないりんごとオレンジ』解説・登場人物

びじゅチューン!『出会えないりんごとオレンジ』では、食卓のテーブルの上で暮らしているりんごとオレンジがネットで意気投合し、駅の改札前で待ち合わせして会うことを約束。

しかし、果物同士のオフ会当日、駅前には大量のりんごとオレンジが行き交っていて、出会うことすら困難な状況。連絡に使っていたスマホの充電も切れかけ、2人はなかなか会うことができませんが、最後は2人の共通の趣味であるカポエイラを踊りだしたオレンジにりんごが気付き、出会うことができました。

歌詞係は『りんごとオレンジの静物』の作者ポール・セザンヌ。

スマホでやりとりするりんごとオレンジのチャット画面には、『ツタンカーmail』にも登場するツタンカーメンの絵文字と『博士、それ象牙多層球ですよ』の博士スタンプが使われていました。

『出会えないりんごとオレンジ』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2017年10月31日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧