敢えて湖畔-びじゅチューン!作品解説・モデル(元ネタ)・動画まとめ

びじゅチューン!『敢えて湖畔』のモデル(元ネタ)作品は?

敢えて湖畔_黒田清輝

『湖畔』黒田清輝

作品:湖畔
作者:黒田清輝
所蔵:黒田記念館
指定:重要文化財

びじゅチューン!敢えて湖畔』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、日本近代洋画の父・黒田清輝の油彩画『湖畔』です。

びじゅチューン!とは?アニメとモデル(元ネタ)の解説 全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

『湖畔』に描かれているモデルの女性は、後に黒田清輝の妻となる照子夫人。箱根の芦ノ湖に出かけた際に描かれたもので、日本の夏のしっとりとした空気の湿潤さを淡い色調で表現した『湖畔』は、黒田清輝の代表作として広く知られ、国の重要文化財にも指定されています。

びじゅチューン!『敢えて湖畔』解説・登場人物

びじゅチューン!『敢えて湖畔』の主人公は上下スウェット姿で眼鏡をかけた女性。

「気の進まないことをやってみるのってどうだろう?」「たとえば浴衣を着て湖畔を散歩するとか」という思い付きを実際に試して検証してみることに。めがねを外し、髪を結い、浴衣を着ると水面が揺れる湖に向かって歩き出します。

すれ違う人に横目でチラッと見られて恥ずかしくなり、ちょっと後悔したりもしつつ、湖畔に到着。湖が「案外似合う」と褒めてくれた気がして、嬉しくなった女性は湖をバックにスマホを構えて自撮り。検証の結論は「気の進まないこともやってみるとNEW NEW NEW」でした。

女性が湖に到着したとき水中を歩いているのは、『オフィーリア、まだまだ』『指揮者が手』のなまずです。

『敢えて湖畔』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2016年2月28日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧

2013年のびじゅチューン!作品
2014年のびじゅチューン!作品
2015年のびじゅチューン!作品
2016年のびじゅチューン!作品
2017年のびじゅチューン!作品
2018年のびじゅチューン!作品
2019年のびじゅチューン!作品