民衆を温泉に導く自由の女神-びじゅチューン作品解説・動画・モデル

びじゅチューン!『民衆を温泉に導く自由の女神』のモデル(元ネタ)作品は?

民衆を導く自由の女神1830

『民衆を導く自由の女神』ウジェーヌ・ドラクロワ

作品:民衆を導く自由の女神
作者:ウジェーヌ・ドラクロワ
所蔵:ルーヴル美術館

びじゅチューン!民衆を温泉に導く自由の女神』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、フランス・ロマン主義を代表する画家 ウジェーヌ・ドラクロワによる油彩画『民衆を導く自由の女神』。

びじゅチューン!とは?アニメとモデル(元ネタ)の解説 全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

1830年の栄光の三日間とも呼ばれるフランス7月革命を主題とした作品で、フランス国旗を掲げ民衆を扇動するのはフランス共和国を象徴する自由の女神マリアンヌ、女性の後ろで銃を抱えるシルクハットの男性はドラクロワ自身という説があります。

びじゅチューン!『民衆を温泉に導く自由の女神』解説・登場人物

びじゅチューン!『民衆を温泉に導く自由の女神』では、オフィスに突如、フランス国旗を掲げた自由の女神が乗り込んできます。

日頃もみくちゃの満員電車に揺られて通勤しているサラリーマンは、「武器を忘れるな」「熊に気をつけろ」と注意事項を並べる自由の女神を前に、山奥の秘湯で日々の疲れを洗い流す自分を妄想。自由の女神の先導で、激しい嵐を越え秘湯を目指します。

美肌効果抜群の秘湯ではウサギ、岩盤浴では熊・猿・狸と共に疲れを癒すサラリーマン。事前に「気をつけろ」と忠告されていた熊とも一緒に汗を流す仲に。

ハードな日々のなかでも「心は自由」「明日からの日常も思い思いに描けばいい」という自由の女神。これまで満員電車のなかでただ押しつぶされ不満顔だったサラリーマンは、自由の女神との出会いで意識に革命が起こり、満員電車で読書をする気持ちの余裕ができました。

歌詞係は『民衆を導く自由の女神』の作者・ウジェーヌ・ドラクロワです。

秘湯に現れたウサギは龍虎旅館でも温泉に浸かっていたお風呂好き。『鮭ミラーボール』や『電気さえあれば』のダンスで溜まった疲れを温泉で癒しているのかもしれませんね。

『民衆を温泉に導く自由の女神』放送データ・作者・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2017年6月27日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:掲載サイト無(動画内の歌詞をご確認ください)
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧

2013年のびじゅチューン!作品
2014年のびじゅチューン!作品
2015年のびじゅチューン!作品
2016年のびじゅチューン!作品
2017年のびじゅチューン!作品
2018年のびじゅチューン!作品
2019年のびじゅチューン!作品