崖のぼり、のちキス-びじゅチューン作品解説・動画・モデル・元ネタ

びじゅチューン!『崖のぼり、のちキス』のモデル(元ネタ)作品は?

崖のぼり、のちキス_グスタフ・クリムト『接吻』

『接吻』グスタフ・クリムト

作品:接吻
作者:グスタフ・クリムト
所蔵:オーストリア・ギャラリー(ウィーン)

びじゅチューン!崖のぼり、のちキス』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、象徴主義の中でもウィーン分離派に分類されるオーストリアの画家グスタフ・クリムトによる代表作『接吻』。

びじゅチューン!ーアニメとモデル(元ネタ)の解説と全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

人物の輪郭線や背景の金箔に日本画の影響がみて取れる『接吻』のモデルはクリムト本人と恋人のエミーリエ・フレーゲ(もしくはアデーレ・ブロッホ=バウアー)だと考えられており、男性の衣服の四角、女性の衣服の円は男性原理と女性原理を表しているという説があります。

クリムト作『パラス・アテナ』『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像』

金が華やかなクリムト作『パラス・アテナ』『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像』

クリムトはオーストリア人セレブの肖像画や神話の主人公を工芸品や金箔と組み合わせた作品を何点か残しています。

金箔と絵画を組み合わせるクリムトの技法には日本画や日本の屏風の影響が指摘されており、なかでも本作『接吻』はクリムトの黄金様式の最高峰と言える作品です。

びじゅチューン!『崖のぼり、のちキス』解説・登場人物

びじゅチューン!『崖のぼり、のちキス』では、主人公のカップルが花咲く崖を素手でよじのぼり、崖を1つ登るごとにキス。

呼吸と動きを揃え二人羽織のような姿で崖を登ると女性のワンピースはほつれて裾がボロボロ。それでも次のキスを目指して今日も明日も崖を登るカップルでした。

作中の細く直線的な文字は、クリムトとも仕事をしたことがあるウィーン工房のフォントを意識したもの。

びじゅチューン!『崖のぼり、のちキス』で歌詞係を担当するのは『接吻』の作者であるグスタフ・クリムトです。

繊細な絵を描くクリムトですが、字は下手っぴ(そして筆不精)でした

『崖のぼり、のちキス』放送データ・作者・歌詞・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2015年9月13日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:崖のぼり、のちキス
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧