樹花鳥獣図屏風事件-びじゅチューン作品解説・モデル・元ネタ・動画

びじゅチューン!『樹花鳥獣図屏風事件』のモデル(元ネタ)作品は?

樹花鳥獣図屏風事件_伊藤若冲『樹花鳥獣図屏風』

『樹花鳥獣図屏風』伊藤若冲

作品:樹花鳥獣図屏風
作者:伊藤若冲
所蔵:静岡県立美術館

びじゅチューン!樹花鳥獣図屏風事件』のモデル(元ネタ)になった美術作品は、江戸中期の絵師・伊藤若冲による六曲一双屏風『樹花鳥獣図屏風』です。

びじゅチューン!とは?アニメとモデル(元ネタ)の解説 全作品一覧
NHK・Eテレで放送中の人気美術番組「びじゅチューン!」の紹介、全作品一覧、各放送回のアニメとモデル(元ネタ)の解説・歌詞・動画をまとめました。

『樹花鳥獣図屏風の右隻(画像上)には象を中心とした獣たち、左隻(画像下)には鳳凰を中心とした鳥たち、実在・空想問わず様々な鳥獣が墨で引いた方眼の中を塗りつぶす升目描きによって描かれています。

孔雀のような姿をした空想上の伝説の鳥・鳳凰は、不死鳥(フェニックス)と混同されることが多く、鳳凰の不死身説はここからきていると考えられます。

びじゅチューン!『樹花鳥獣図屏風事件』解説・登場人物

びじゅチューン!『樹花鳥獣図屏風事件』は、いきなり鳳凰の殺人事件からスタート。探偵となった象が、鳳凰の身内である鳥、犬、羽振りの良い派手な麒麟と聞き込み調査を続けていきますが、犯人は一向に見つかりません。

鳳凰の金ピカなお墓が建てられ、20年もの月日が経ったある日、鳳凰の飲み物に毒を入れたと七面鳥が自白します。

理由は「鳳凰が派手すぎたから」。

しかし、お墓まで建ててもらっていた鳳凰は実は不死身。カフェでお茶したり、『夏野菜たちのランウェイ』でファッションショーの客席に出没したりと、楽しい日々を送っていたのでした。

『樹花鳥獣図屏風事件』放送データ・作者・歌詞・動画

放送局:NHK Eテレ(教育テレビ)
初回放送日:2014年2月5日
作者:井上涼(作詞・作曲・歌・アニメーション)
歌詞:樹花鳥獣図屏風事件
動画:YouTubeどーがレージ

びじゅチューン!全作品一覧

2013年のびじゅチューン!作品
2014年のびじゅチューン!作品
2015年のびじゅチューン!作品
2016年のびじゅチューン!作品
2017年のびじゅチューン!作品
2018年のびじゅチューン!作品
2019年のびじゅチューン!作品