Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バロック美術

フェルメールの作品

『マリアとマルタの家のキリスト』ヨハネス・フェルメールの作品解説

『マリアとマルタの家のキリスト』はフェルメールの初期の絵画。フェルメールにしては珍しい宗教画であり、ルカ福音書の有名なエピソードが主題となっています。『マリアとマルタの家のキリスト』の詳しい特徴や鑑賞ポイントを分かりやすく解説します。
フェルメールの作品

『手紙を書く婦人と召使い』ヨハネス・フェルメールの作品解説

『手紙を書く婦人と召使い』は、手紙を書く婦人とその家の召使いが描かれたヨハネス・フェルメールの油彩画。2度盗難の被害に遭った後アイルランド・アショナル・ギャラリーに寄贈されています。この作品の特徴や鑑賞ポイントを分かりやすくご紹介します。
フェルメールの作品

『紳士とワインを飲む女(ワイングラス)』フェルメールの作品解説

『紳士とワインを飲む女』はヨハネス・フェルメールによる油彩画。『ぶどう酒のグラス』『ワイングラス』とも。現在はベルリン国立美術館所蔵。数々の寓意が込められたこの風俗画の特徴や鑑賞ポイントを分かりやすくご紹介します。
フェルメールの作品

『取り持ち女』ヨハネス・フェルメールの作品解説

フェルメール『取り持ち女』は、描かれている人物のうちの一人はフェルメールの自画像ではないかと言われる油彩画。フェルメールの作品には制作年が記された作品が3点しかなく、これはそのなかで最も古い作品になります。作品の特徴・鑑賞ポイントをわかりやすく解説します。
フェルメールの作品

『恋文』ヨハネス・フェルメールの作品解説

『恋文』は、恋文を受け取った女性と使用人を描いたヨハネス・フェルメールの風俗画。1669年~1670年頃に制作された油彩画で、現在はオランダのアムステルダム国立美術館に所蔵されています。『恋文』は一度盗難に遭っており、その際に犯人がキャンバスを切り裂くという蛮行を働いたことから、作品は大きなダメージを受けました。
フェルメールの作品

『聖プラクセディス』ヨハネス・フェルメールの作品解説

『聖プラクセディス』は、オランダ・バロックの巨匠ヨハネス・フェルメールが初期に手がけたとされる宗教画。正確な制作年は分かっていませんが、1655年に描かれた作品とされています。個人所蔵の作品ですが現在は寄託先である国立西洋美術館の常設展示室にて一般に開放されています。
フェルメールの作品

『水差しを持つ女』ヨハネス・フェルメールの作品解説

『水差しを持つ女』は窓辺の明るい光のなかで水差しを持つ女性を描いたヨハネス・フェルメールの風俗画。1664年~1665年頃に製作された作品で、現在はアメリカのメトロポリタン美術館所蔵。綿密に計算された構図と寓意が込められた水差し、作品の特徴や鑑賞ポイントをご紹介します。
フェルメールの作品

『デルフトの眺望』ヨハネス・フェルメールの作品解説

フェルメール『デルフトの眺望』は、オランダ・デルフトの川辺と街並みが描かれた風景画。オランダ・デルフトはフェルメールが暮らした街です。寡作だったフェルメールの風景画は、この『デルフトの眺望』と『小路』の2点のみとなっています。
フェルメールの作品

『天秤を持つ女』ヨハネス・フェルメールの作品解説

『天秤を持つ女』は天秤を持った女性に寓意性が込められたヨハネス・フェルメールの風俗画。1664年頃に制作された油彩画で、現在はアメリカのナショナル・ギャラリー・オブ・アート所蔵。計算された色使いと構図に寓意が込められた作品です。
フェルメールの作品

『信仰の寓意』ヨハネス・フェルメールの作品解説

『信仰の寓意』はヨハネス・フェルメールによる寓意画。『信仰のアレゴリー』『絵画の寓意』とも。フェルメールの作品としては唯一歴史画に分類されるこの油彩画は1670年頃に制作された作品とみられ、現在はアメリカのメトロポリタン美術館に所蔵されています。