『中断された音楽の稽古』ヨハネス・フェルメール

中断された音楽の稽古

作品解説

ヨハネス・フェルメール『中断された音楽の稽古』ヨハネス・フェルメールの生涯と全作品はこちら

中断された音楽の稽古』は、音楽のレッスンを中断した男女の様子を描いたヨハネス・フェルメールの風俗画。『稽古の中断』『中断されたレッスン』とも。1660年~1661年頃に制作された油彩画で、現在はアメリカのフリック・コレクションに所蔵されています。

女性が手に持っているのはおそらく手紙で、楽器や楽譜はテーブルの上に置かれていることから、『中断された音楽の稽古』は「音楽のレッスンを中断し手紙を読んでいる男女」が描かれた作品だと考えられます。

風俗画としての音楽

西洋美術史で語られる音楽は、聖書・教会と関係が深い場合が多いのですが、この『中断された音楽の稽古』が制作された当時のオランダはプロテスタントが主流であり、音楽は信仰ではなく娯楽として市民に親しまれていました。

オランダの上流階級の女性達は詩の朗読や楽器を持ち寄っての合奏などを楽しむ習慣があり、それはそのまま縁談に繋がる場でもあったため、女性たちは熱心に音楽の指導を受けました。

こうした背景から、17世紀オランダでは楽器を演奏する様子を風俗画の主題に選ぶことが多く、フェルメールの作品にも『音楽の稽古』『リュートを調弦する女』『合奏』『恋文』『ギターを弾く女』など楽器が何度も登場しています。

鑑賞のポイント

作品解説_中断された音楽の稽古1

『中断された音楽の稽古』には、手前の女性が男性から音楽の指導を受けている場面が描かれており、一緒に手紙を読む男性と女性の距離の近さからは二人の親密な関係が伺えます。

解説_中断された音楽の稽古2印刷産業が発達していたオランダでは楽譜は一般に普及しており、音楽を楽しむ教養の高い市民たちは楽譜を読むことができました。

楽譜の奥にあるのはワイン入れ。男女の恋愛・誘惑を暗示するワインは二人が恋愛関係にあることを指しています。

ライオンの彫刻が付いた椅子はフェルメール絵画にしばしば登場するアイテムです。作品解説_中断された音楽の稽古4壁に飾られた画中画は損傷がひどく鮮明ではありませんが、手にカードを持ったキューピッドだということが分かっており、2人の恋愛関係を指しています。

窓の手前の壁に付けられた箱は鳥かごで、後からこの絵画に書き加えられたもの。鳥かごには女性の貞節を暗示しています。この男女は背徳の関係にあるのかもしれません。

基本情報

作品名:中断された音楽の稽古
Title:Girl interrupted at her music
Artist:Johannes Vermeer
制作年:1660年-1661年頃
種類:キャンバス、油彩
寸法:39.3cm×44.4cm
所有者:フリック・コレクション(アメリカ)

ヨハネス・フェルメールとは

フェルメールの生涯・作品・鑑賞ポイント

ヨハネス・フェルメールは、光の魔術師とも呼ばれるバロック美術の巨匠です。柔らかな光の溢れる油彩画を得意とし、代表作に『真珠の耳飾りの少女』『牛乳を注ぐ女』『デルフトの眺望』などがあります。フェルメールは現存する作品が大変少なく、寡作の画家としても知られます。

ヨハネス・フェルメールの生涯と作品解説
ヨハネス・フェルメールは名画『真珠の耳飾りの少女』『牛乳を注ぐ女』などの代表作があるバロック期のオランダ人画家です。現存する絵画30数点という寡作の画家でも知られるフェルメールの生涯や絵画技法、全作品を一挙紹介。柔らかい光に包まれた市民の日常を淡々と描き出すフェルメール作品の鑑賞ポイントもわかりやすく解説します。

YouTube動画 フェルメール全作品集

ヨハネス・フェルメールの全作品を4分にまとめた動画をYouTubeにアップしました。動画は今後も画家別に作っていく予定です。よろしければチャンネル登録をお願いいたします。

error:Content is protected