管理人

びじゅチューン!

『ラス・メニーナス』ディエゴ・ベラスケスの作品解説

『ラス・メニーナス』はバロックの巨匠であるスペインの画家ディエゴ・ベラスケスによる油彩画。『女官たち』『宮廷の侍女たち』とも。1656年に制作された大型の油彩画でスペイン史上最高の名画とも呼ばれるラス・メニーナスは現在スペインのプラド美術館に所蔵されています。
ベラスケスの作品

『ブレダの開城』ディエゴ・ベラスケスの作品解説

『ブレダの開城』はスペインの宮廷画家ディエゴ・ベラスケスの代表作。フェリペ4世の離宮レティーロ「諸王国の間」を飾った戦勝画のひとつ。『槍』『ラス・ランサス』とも。1634年~1635年頃に制作された油彩画で、マドリードにあるレティーロ王宮「諸王国の間」で公開され、1819年以降はプラド美術館に所蔵されています。
カラヴァッジョの作品

『ゴリアテの首を持つダヴィデ』カラヴァッジョ作品の解説

『ゴリアテの首を持つダヴィデ』は、初期バロック美術の巨匠・カラヴァッジョが1609年から1610年頃に制作した油彩画で、現在はイタリアのボルゲーゼ美術館に所蔵されています。ゴリアテの生首に描かれているのはカラヴァッジョの顔だとされており、これがカラヴァッジョの最後の自画像になりました。
カラヴァッジョの作品

『法悦のマグダラのマリア』カラヴァッジョ作品の解説

『マグダラのマリア』は初期バロック美術の巨匠・カラヴァッジョが1606年頃に制作した宗教画。カラヴァッジョが死の直前まで持っていた油彩画のひとつで、2016年に国立西洋美術館のカラヴァッジョ展が世界初公開。キリストの磔刑・埋葬・復活に立ち会ったとされるマグダラのマリアは多くの芸術作品に登場する聖女として知られています。
カラヴァッジョの作品

『エマオの晩餐』カラヴァッジョ作品の解説

『エマオの晩餐』はエルサレムから少し離れたエマオにキリストが現れた場面を描いたカラヴァッジョの最高傑作とも評される宗教画。現在はロンドン・ナショナル・ギャラリーが所蔵しています。明暗のはっきりとしたコントラストの強い表現、劇的でドラマティックな構図の『エマオの晩餐』は、度々模倣されるほど人気を博しました。
カラヴァッジョの作品

『洗礼者聖ヨハネの斬首』カラヴァッジョ作品の解説

『洗礼者聖ヨハネの斬首』はカラヴァッジョの代表作のひとつで、カラヴァッジョ作品のなかで唯一署名が入っている作品。マルタ島を統治する聖ヨハネ騎士団のために1608年に制作された幅5mを超える大作は、カラヴァッジョの生涯においても最大サイズの作品となりました。聖ヨハネ准司教座聖堂附属美術館に所蔵されています。
カラヴァッジョの作品

『聖マタイの召命』カラヴァッジョ作品の解説

『聖マタイの召命』は、初期バロック美術の巨匠・カラヴァッジョにより1600年頃に制作されサン・ルイジ・ディ・フランチェージ聖堂に設置されている祭壇画でありカラヴァッジョの教会公式デビュー作。劇的な光と闇の表現テネブリズムを駆使した画面構成が大きな話題を呼び、教会に訪れた多くの人々を魅了しました。
カラヴァッジョの作品

『キリストの埋葬』カラヴァッジョ作品の解説

『キリストの埋葬』は、キリストの弟子たちがキリストの亡骸を抱きかかえ岩山に掘った墓に降ろそうとしている聖書の場面を描いた、バロック美術を代表するカラヴァッジョの傑作です。どこを取っても斬新でドラマティックな作品『キリストの埋葬』は、ルーベンスやジェリコー、ダヴィッドら西洋美術の巨匠たちにも熱心に模写されました。
カラヴァッジョの作品

『ホロフェルネスの首を斬るユディト』カラヴァッジョ作品の解説

『ホロフェルネスの首を斬るユディト』は旧約聖書外典ユディト記の一場面を描いた作品。初期バロック美術の巨匠・カラヴァッジョが1598-1599年頃に制作した油彩画で現在はローマにある国立古典絵画館所蔵。暗闇にホロフェルネスの上半身とユディトだけが浮かび上がるカラヴァッジョの巧みな光の使い方が見事な作品です。
びじゅチューン!

『ナルキッソス』カラヴァッジョ作品の解説

『ナルキッソス』は、水に映る自分の美しい姿に酔いしれ溺れ死んだ美少年ナルキッソスをモデルにしたカラヴァッジョによる1597年頃の作品。現在はローマ国立美術館所蔵。NHK・Eテレで放送中のテレビ番組「びじゅチューン!」のモデル作品に取り上げられるなど日本でも広く知られている作品です。
びじゅチューン!

『牛乳を注ぐ女』フェルメールの代表作・作品解説

ヨハネス・フェルメール『牛乳を注ぐ女』は、柔らかい光のなかで牛乳を壷に移しかえるふくよかな女性がモデルのフェルメール代表作。静謐な室内の表現、フェルメールブルーや螺旋を描く牛乳の様子など、フェルメールの魅力が詰まったこの油彩画の特徴・鑑賞ポイントをわかりやすく解説します。
びじゅチューン!

『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』フェルメールの代表作を解説

『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』はオランダバロックの画家ヨハネス・フェルメールの代表作。制作年は1665年-1666年頃、現在はオランダ・マウリッツハイス美術館が所蔵。少女の頭に巻かれたターバンのフェルメールブルーとイエロー、大粒の真珠の耳飾りが美しいこの油彩画の特徴や鑑賞ポイントをわかりやすく解説します。
フェルメールの作品

『真珠の首飾りの女』ヨハネス・フェルメールの作品解説

『真珠の首飾りの女』は、真珠の首飾りを鏡に映して見る女性を描いたヨハネス・フェルメールの油彩画。現在はベルリン国立美術館の絵画館に所蔵されています。フェルメールがこの『真珠の首飾りの女』を制作した当時のオランダでは、真珠は高級な装飾品として人気があり、流行アイテムでもありました。
フェルメールの作品

『手紙を書く女』ヨハネス・フェルメールの作品解説

『手紙を書く女』は、明るい光のなかで手紙を書く女性を描いたヨハネス・フェルメールの風俗画。現在はアメリカのワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されています。フェルメールによる風俗画には手紙の読み書きをしている女性が何度も登場していますが、手紙から視線を外し、鑑賞者である私たちを見つめているのは、この作品のみです。
フェルメールの作品

『リュートを調弦する女』ヨハネス・フェルメールの作品解説

『リュートを調弦する女』は、ヨハネス・フェルメールの油彩画。現在はアメリカのメトロポリタン美術館に所蔵されています。作品の損傷が激しく、一時は『リュートを調弦する女』はフェルメール作ではないと真贋が割れたこともありましたが、現在はフェルメール作であるというのが定説になっています。
テキストのコピーはできません。