Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ディエゴ・ベラスケスの生涯と代表作・主要作品一覧

ディエゴ・ベラスケスの主要作品一覧Part.3

ベラスケスの作品を制作年(推定含)の古い順に並べており、このページでは1631年『シルバー・フィリップ』~1635年頃までの作品をご紹介しています。
<< ベラスケスの生涯や技法解説は1ページ目

『ラス・メニーナス』ディエゴ・ベラスケスの作品解説
『ラス・メニーナス』はバロックの巨匠であるスペインの画家ディエゴ・ベラスケスによる油彩画。『女官たち』『宮廷の侍女たち』とも。1656年に制作された大型の油彩画でスペイン史上最高の名画とも呼ばれるラス・メニーナスは現在スペインのプラド美術館に所蔵されています。
『ブレダの開城』ディエゴ・ベラスケスの作品解説
『ブレダの開城』はスペインの宮廷画家ディエゴ・ベラスケスの代表作。フェリペ4世の離宮レティーロ「諸王国の間」を飾った戦勝画のひとつ。『槍』『ラス・ランサス』とも。1634年~1635年頃に制作された油彩画で、マドリードにあるレティーロ王宮「諸王国の間」で公開され、1819年以降はプラド美術館に所蔵されています。

ベラスケス『シルバー・フィリップ(フェリペ4世の肖像)』

ベラスケス『シルバー・フィリップ(フェリペ4世の肖像)』1631-1632年ロンドン・ナショナル・ギャラリー

ベラスケスがイタリアから帰国後に制作したと考えられるフェリペ4世の肖像画。全身を黒衣で包んだ肖像画が多かったスペイン王族の肖像画において、この作品は銀色の衣装を身にまとっていることから『シルバー・フィリップ』の名で呼ばれます。

近くで見ると意味をなさない模様が、少し離れて見るとしっかりとした布地の質感や色柄に変化するベラスケスの表現能力の高さが遺憾なく発揮された作品です。

  • 作品名:シルバー・フィリップ(フェリペ4世の肖像)
  • Title:Philip IV in Brown and Silver
  • 作者:ディエゴ・ベラスケス
  • Artist:Diego Velazquez
  • 制作年:1631-1632年
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 寸法:199.5cm×113cm
  • 所有者:ロンドン・ナショナル・ギャラリー

ベラスケス『キリストの磔刑』

ベラスケス『キリストの磔刑』1632年プラド美術館

18世紀までベネディクト派のサン・プラシド修道院を飾っていたことから、『サン・プラシドのキリスト』とも。ベラスケスがイタリアから帰国した後に描いた作品だと考えられていますが、制作年には諸説あり確定していません。

セビーリャの図像学ではキリストの磔刑は足を重ねていないことから、この作品のキリストは十字架に4本の釘で磔にされています。

  • 作品名:キリストの磔刑
  • Title:Christ Crucified
  • 作者:ディエゴ・ベラスケス
  • Artist:Diego Velazquez
  • 制作年:1632年
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 寸法:248cm×169cm
  • 所有者:プラド美術館

ベラスケス『巫女(シビラ)』

ベラスケス『巫女』1632年プラド美術館

ベラスケスにしては珍しく横向きの婦人像。『シビラ』とも。イタリア旅行から帰国後まもなく描かれたと思われるこの作品のモデルは、ベラスケスの妻の肖像という説と、女預言者(シビラ・巫女)という説があります。

  • 作品名:巫女(シビラ)
  • Title:A Sybil
  • 作者:ディエゴ・ベラスケス
  • Artist:Diego Velazquez
  • 制作年:1632年
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 寸法:62cm×50cm
  • 所有者:プラド美術館

ベラスケス『狩猟服姿のフェリペ4世』

ベラスケス『狩猟服姿のフェリペ4世』1632-1634年プラド美術館

  • 作品名:狩猟服姿のフェリペ4世
  • Title:Felipe IV cazador
  • 作者:ディエゴ・ベラスケス
  • Artist:Diego Velazquez
  • 制作年:1632-1634年
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 寸法:189cm×124.5cm
  • 所有者:プラド美術館

ベラスケス『フェリペ3世の騎馬像』

ベラスケス『フェリペ3世の騎馬像』1634-1635年プラド美術館

  • 作品名:フェリペ3世の騎馬像
  • Title:Equestrian Portrait of Philip III
  • 作者:ディエゴ・ベラスケス
  • Artist:Diego Velazquez
  • 制作年:1634-1635年
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 寸法:305cm×320cm
  • 所有者:プラド美術館

ベラスケス『イサベル・デ・ブルボン王妃騎馬像』

ベラスケス『イサベル・デ・ブルボン王妃騎馬像』1634-1635年プラド美術館

フェリペ4世の離宮として造営されたレティーロの「諸王国の間」は、合計27点ものスペイン画家による絵画で飾り立てられました。この『イサベル・デ・ブルボン王妃騎馬像』も後述の『フェリペ4世騎馬像』や『バルタサール・カルロス皇太子騎馬像』と共に諸王国の間に飾られていました。

  • 作品名:イサベル・デ・ブルボン王妃騎馬像
  • Title:Equestrian Portrait of Elisabeth of France
  • 作者:ディエゴ・ベラスケス
  • Artist:Diego Velazquez
  • 制作年:1634-1635年
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 寸法:304.5cm×317.5cm
  • 所有者:プラド美術館

ベラスケス『道化パブロ・デ・バリャドリード』

ベラスケス『道化パブロ・デ・バリャドリード』1635年プラド美術館

道化師であるパブロ・デ・バリャドリードが宮廷に付けるようになったのは1632年、以後1648年に彼が亡くなるまで宮廷に仕え続けたといいます。

道化は家具も飾りもない空間に立っており、その表情と動作に視線が集まります。ベラスケスのこうした構図は後のマネの『笛を吹く少年』などにも受け継がれていきました。

黒一色の衣服ながら質感を感じさせるのはベラスケスの技量の成せる技でしょう。

  • 作品名:道化パブロ・デ・バリャドリード
  • Title:Portrait of Pablo de Valladolid
  • 作者:ディエゴ・ベラスケス
  • Artist:Diego Velazquez
  • 制作年:1635年
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 寸法:209cm×123cm
  • 所有者:プラド美術館

ベラスケス『扇を持つ婦人』

ベラスケス『扇を持つ婦人』1635年ウォレス・コレクション

  • 作品名:扇を持つ婦人
  • Title:The Lady with a Fan
  • 作者:ディエゴ・ベラスケス
  • Artist:Diego Velazquez
  • 制作年:1635年
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 寸法:95cm×70cm
  • 所有者:ウォレス・コレクション(イギリス)

ベラスケス『フアン・マルティネス・モンタニェースの肖像』

マルティネス・モンタニェースは「アンダルシアのリシッポス」と讃えられた優れた彫刻家でした。この作品が描かれた1635年に、モンタニェースはマドリードに召喚されており、ベラスケスはモンタニェースが粘土模型の胸像を制作する様子を描いたとされます。

  • 作品名:フアン・マルティネス・モンタニェースの肖像
  • Title:Portrait of Juan Martinez Montanes
  • 作者:ディエゴ・ベラスケス
  • Artist:Diego Velazquez
  • 制作年:1635年頃
  • 種類:油彩、キャンバス
  • 寸法:110.5cm×87.5cm
  • 所有者:プラド美術館