Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの生涯と代表作・作品解説

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンとは?

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン Rogier van der Weyden

ファンデルウェイデン肖像画

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンは、北方ルネサンス・初期フランドル派の画家です。

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの代表作に『聖母を描く聖ルカ』『十字架降下』『読書するマグダラのマリア』などがあります。

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの生涯

1427年にロベルト・カンピンの弟子となり、1432年にはトゥルネ画家ギルドの親方に認定、1436年にはブリュッセル市の公的画家となりました。生涯の大半をブリュッセルで過ごし、画家として成功した人物だということ以外は謎も多く、詳しい人となりは分かっていません。ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの名は彼の死後長らく忘れられていましたが、20世紀に入ると再び注目され再評価されました。

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンが活躍した北方ルネサンスとは

ローマから見て北側、アルプスより以北のイタリア以外のヨーロッパで始まった美術が北方ルネサンスです。ネーデルラント、ドイツ、フランスなどヨーロッパの国々とルネサンス運動が盛んだったイタリアとの交流が進み、イタリアに芸術家たちが自国にイタリアルネサンス美術のエッセンスを持ち帰ったことも、北方ルネサンスに多大な影響を与えました。油絵具を使い始めた北方ルネサンスの芸術家たちの作品は緻密な表現力が特徴です。

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンはブリュッセルで活躍した初期フランドル派の画家です。

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの特徴・作品鑑賞ポイント

血の通った人物を描き出すロヒール・ファン・デル・ウェイデン

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの作品の特徴は、人間の内面をえぐりだすような細密描写。ただ美しいだけでなく、その人の心のうちに秘めた弱さや情熱を描き出すことを得意としていました。

代表作『十字架降下』では青ざめて倒れるマリア人々の感情を揺さぶるロヒール・ファン・デル・ウェイデンの表現力は、信仰心を高めるための宗教画にふさわしいものではあったものの、代表作『十字架降下』では青ざめ気絶したマリアの姿があまりに弱弱しく生々しいと批判されてしまいます。ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの写実的な表現力の高さを物語るエピソードです。

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの作品・代表作

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン『聖母を描く聖ルカ』

ファン・デル・ウェイデン『聖母を描く聖ルカ』ロヒール・ファン・デル・ウェイデン『聖母を描く聖ルカ』は、ブリュッセルの芸術家ギルド聖ルカ組合のために制作された作品で、芸術家の守護聖人であるルカと聖母子が描かれています。ヤン・ファン・エイク『宰相ロランの聖母』と非常に似ていますが、こちらの作品のほうがより自然で親しみやすいマリア像のように見えます。後ろに見えるのは遠近法に寄って描かれたフランドルの街です。

作品名:聖母を描く聖ルカ
作者:ロヒール・ファン・デル・ウェイデン
制作年:1435-1440年頃
種類:板、油彩・テンペラ
寸法:137.5cm×110.8cm
所有者:ボストン美術館(アメリカ)

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン『十字架降下』

ファン・デル・ウェイデン『十字架降下』ロヒール・ファン・デル・ウェイデン『十字架降下』は、磔刑に処せられ十字架から降ろされたキリストと真っ青な顔で気絶するマリアの様子が描かれた宗教画。金色に塗られた壁の前で嘆き悲しむ人々それぞれの感情表現、キリストの死を嘆き悲しむ聖母マリアと十字架から降ろされるキリストの力なく折れ曲がった身体の曲線が同じカーブを描いている点に注目です。

作品名:十字架降下
作者:ロヒール・ファン・デル・ウェイデン
制作年:1435年
種類:板、油彩
寸法:220cm×262cm
所有者:プラド美術館(スペイン・マドリード)

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン『読書するマグダラのマリア』

ファン・デル・ウェイデン『読書するマグダラのマリア』ロヒール・ファン・デル・ウェイデン『読書するマグダラのマリア』は、大きな祭壇画より複数枚に裁断された断片の現存する3枚のうちのひとつとなる作品。読書する女性の手前に香油壷が置かれていることからモデルはマグダラのマリアであると考えられています。衣服の皺、ロザリオやマリアのベルトの細工まで写実的に描かれた作品です。

作品名:読書するマグダラのマリア
作者:ファン・デル・ウェイデン
制作年:1435-1438年頃
種類:板、油彩
寸法:622cm×544cm
所有者:ナショナル・ギャラリー (イギリス・ロンドン)

北方ルネサンスの代表的な芸術家リスト

2018-2019年 展覧会スケジュールカレンダー
2018-2019年に話題の展覧会や美術ファンおすすめの展覧会を月別スケジュールカレンダーに。各展覧会の見どころ、混雑予想、口コミ・評判、チケットなど最新情報にリンクしています。