Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ルドン展の混雑・見どころ・感想・割引チケット情報

ルドン展 ひらかれた夢 ポーラ美術館

ルドン『神秘的な対話』1896年頃 岐阜県美術館

『神秘的な対話』1896年頃 岐阜県美術館

ルドンの展覧会「ルドン ひらかれた夢」、箱根・ポーラ美術館にて12月2日まで開催中です。

三菱一号館美術館にて5月まで開催されていたルドン展は植物・花が切り口となっていましたが、今回ポーラ美術館で開催されているルドン展は、近年の研究やルドンの作品に基づき、孤高の画家と呼ばれたルドンの新たな側面に焦点を当てています。

オディロン・ルドンの生涯と代表作・作品解説
オディロン・ルドンは、象徴主義を代表するフランスの画家・版画家。奇妙な怪物などの石版画や木炭画で知られ代表作に『眼=気球』『キュクロプス』『目を閉じて』などがあります。内的感覚や神秘体験を芸術に昇華させたルドンの表現は後のダダイスムやシュルレアリスムへのきっかけにもなりました。

ルドン展の見どころ

ルドン『オルフェウスの死』1905-1910年頃岐阜県美術館

4『オルフェウスの死』1905-1910年頃 岐阜県美術館

ルドンの作品というと、奇妙な生き物がうごめく版画や木炭画がまず最初に思い浮かびますが、ルドンは可憐な花や蝶、海や水、神話などをモティーフにした色鮮やかなパステル画や油彩画も多く残しています。今回のルドン展では、ルドンの芸術家デビュー作となる版画集『夢のなかで』から始まり、水と生命、翼と気球、花と眼といった章立てで作品を展示。国内有数のルドン・コレクションを誇る岐阜県美術館のコレクションが88点を含む101点が登場します(期間中展示替え有)。

また、2019年に国立新美術館での個展開催が予定されているイケムラレイコ、鉛筆画や大型インスタレーションで知られる鴻池朋子らルドンと通じ合う現代美術家の作品も展示するほか、寄生獣や悪の華といったルドンの香りがするコミックスとの比較も。19世紀末から20世紀初頭に活躍したルドンが現代の作品に与えた影響を紐解く面白い試みであるこちらも見逃せません。

ルドン展・作品紹介

ルドン『Ⅰ.眼は奇妙な気球のように無限に向かう』

作品名:Ⅰ.眼は奇妙な気球のように無限に向かう
制作年:1882年
所有者:岐阜県美術館

ルドン『Ⅱ. おそらく花の中に最初の視覚が試みられた』

ルドン『起源II.おそらく花の中に最初の視覚が試みられた』1883年岐阜県美術館作品名:Ⅱ. おそらく花の中に最初の視覚が試みられた
制作年:1883年
所有者:岐阜県美術館

ルドン『Ⅲ. 不恰好なポリープは薄笑いを浮かべた醜い一つ目巨人のように岸辺を漂っていた』

ルドン『「起源」 Ⅲ. 不恰好なポリープは薄笑いを浮かべた醜い一つ目巨人のように岸辺を漂っていた』作品名:Ⅲ. 不恰好なポリープは薄笑いを浮かべた醜い一つ目巨人のように岸辺を漂っていた
制作年:1883年
所有者:岐阜県美術館

ルドン『アポロンの二輪馬車』

ルドン『アポロンの二輪馬車』1907年ポーラ美術館作品名:アポロンの二輪馬車
制作年:1907年
所有者:ポーラ美術館

ルドン『日本風の花瓶』

ルドン『日本風の花瓶』1908年ポーラ美術館作品名:日本風の花瓶
制作年:1908年
所有者:ポーラ美術館

ルドン展の混雑状況

人気観光地・箱根に立地する美術館ですので、週末および祝日は入館者が多くなる時間帯もありますが、都内の美術館のように作品の鑑賞が辛くなるほどの混雑することはまずありません。

ただ、箱根が観光シーズン真っ只中であること、ルドン展の会期終了間際に入ってくることを考えると、今後のルドン展は週末の時間帯によっては混雑が予想されます。早めの鑑賞をおすすめします。

ポーラ美術館は美術館併設のレストランやカフェ、遊歩道も気持ちが良くおすすめです。ぜひゆっくりお出かけください。

ルドン展の感想・評判・口コミ

ルドン展のチケット・割引情報

チケット料金

割引前売り券の購入方法は、すぐ下に記載

当日券
一般:1,800円
65歳以上:1,600円
大学・高校生:1,300円
中学・小学生:700円

小・中学生は土曜日無料

お得!200円割引サービス・前売り券

ポーラ美術館ルドン展は、1人200円(小中学生は100円)割引になるクーポンの併用や前売り券を利用することでお得な入館が可能です。

家族4人でお出かけの場合

たとえば小中学生のお子さん2人を含む家族4人でポーラ美術館ルドン展にお出かけの場合、小中学生が無料になる土曜日にクーポンか前売り券を利用すると家族4人3,200円(一般割引料金1,600円×2名)で入館できます。割引が無い場合、家族4人分のチケット代は5,000円になるので、この差は大きいですね。

※情報は変更になる場合があります。最新情報はポーラ美術館チケット情報からご確認ください。

ポーラ美術館公式サイト
チケット情報:http://www.polamuseum.or.jp/info/ticket/

ルドン展チケット窓口で割引サービスを受ける

会員証を提示

JAF会員証・エポスカードをお持ちの方はポーラ美術館チケット窓口でカードを提示すると、会員含む5名まで200円(小中学生は100円)引きになります。

200円割引クーポンを提示

H.I.Sおよびジョルダンから200円割引クーポンがプリントアウトできます。

また、Yahoo! JAPAN・デイリーplus、dエンジョイパス、駅探バリューDays、わかばカードの会員の方は、会員サービスとして割引クーポンが入手できます。詳しくはご加入のサービスサイトで最新情報をご確認ください。

ルドン展200円割引の前売り券を購入する

箱根・ポーラ美術館ルドン展の割引前売り券は、コンビニエンスストア、箱根登山鉄道の駅、箱根登山バス案内所、小田原駅前案内所、高速道路サービスエリアなどで購入可能です。どちらで購入されても割引料金は同じですので、ご都合のよろしい場所でどうぞ。

小中学生、高校生、大学生の割引前売り券の取り扱いはコンビニエンスストアおよび電子チケットのみとなりますのでご注意ください。

ルドン展 開催概要・アクセス

ルドン展・開催概要

展覧会名:ルドン ひらかれた夢 幻想の世紀末から現代へ
開催会場:箱根 ポーラ美術館
開催期間:2018年7月22日(日)~2018年12月2日(日)
開館時間:9時~17時まで
※入場は閉館の30分前まで
休館日:10/26現在~展覧会閉幕まで休館日なし
※休館日が追加・変更になる場合あり
公式サイトhttp://www.polamuseum.or.jp/sp/odilon_redon/

ルドン展・会場アクセス

ポーラ美術館
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

おすすめの美術展・展覧会

西洋美術を中心におすすめの美術展・展覧会スケジュールをまとめました。

2018-2019年 展覧会スケジュールカレンダー
2018-2019年に話題の展覧会や美術ファンおすすめの展覧会を月別スケジュールカレンダーに。各展覧会の見どころ、混雑予想、口コミ・評判、チケットなど最新情報にリンクしています。

東京都美術館では、ルドンと同時期に活躍したムンクの展覧会が開催中です。都内にお出かけの際は、こちらもぜひどうぞ。

ムンク展の混雑状況・口コミ・評判・見どころは?
東京都美術館で開催中のムンク展。ムンク代表作『叫び』のテンペラ画バージョンは今回が日本初公開です。ムンク展の見どころ、展示作品、混雑状況、会場内の様子、口コミ・評判などをご紹介します。