Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
カラヴァッジョの作品

『法悦のマグダラのマリア』カラヴァッジョ作品の解説

『マグダラのマリア』は初期バロック美術の巨匠・カラヴァッジョが1606年頃に制作した宗教画。カラヴァッジョが死の直前まで持っていた油彩画のひとつで、2016年に国立西洋美術館のカラヴァッジョ展が世界初公開。キリストの磔刑・埋葬・復活に立ち会ったとされるマグダラのマリアは多くの芸術作品に登場する聖女として知られています。
カラヴァッジョの作品

『ゴリアテの首を持つダヴィデ』カラヴァッジョ作品の解説

『ゴリアテの首を持つダヴィデ』は、初期バロック美術の巨匠・カラヴァッジョが1609年から1610年頃に制作した油彩画で、現在はイタリアのボルゲーゼ美術館に所蔵されています。ゴリアテの生首に描かれているのはカラヴァッジョの顔だとされており、これがカラヴァッジョの最後の自画像になりました。
象徴主義

オディロン・ルドンの生涯と代表作・作品解説

オディロン・ルドンは、象徴主義を代表するフランスの画家・版画家。奇妙な怪物などの石版画や木炭画で知られ代表作に『眼=気球』『キュクロプス』『目を閉じて』などがあります。内的感覚や神秘体験を芸術に昇華させたルドンの表現は後のダダイスムやシュルレアリスムへのきっかけにもなりました。
ナビ派

ピエール・ボナールの生涯と代表作・作品解説

ピエール・ボナールは、19世紀後半~20世紀前半に活躍したナビ派のフランス人画家です。浮世絵や日本画の影響を強く受けたボナールは「日本かぶれのナビ」とも称されました。愛妻が入浴する姿を何点も描いたことで知られており、ポスター制作や版画家としても実績を残しています。
ベラスケスの作品

『ブレダの開城』ディエゴ・ベラスケスの作品解説

『ブレダの開城』はスペインの宮廷画家ディエゴ・ベラスケスの代表作。フェリペ4世の離宮レティーロ「諸王国の間」を飾った戦勝画のひとつ。『槍』『ラス・ランサス』とも。1634年~1635年頃に制作された油彩画で、マドリードにあるレティーロ王宮「諸王国の間」で公開され、1819年以降はプラド美術館に所蔵されています。
びじゅチューン!

『ラス・メニーナス』ディエゴ・ベラスケスの作品解説

『ラス・メニーナス』はバロックの巨匠であるスペインの画家ディエゴ・ベラスケスによる油彩画。『女官たち』『宮廷の侍女たち』とも。1656年に制作された大型の油彩画でスペイン史上最高の名画とも呼ばれるラス・メニーナスは現在スペインのプラド美術館に所蔵されています。
マニエリスム

エル・グレコの生涯と代表作・作品解説

エル・グレコは『オルガス伯の埋葬』や『受胎告知』などで知られるマニエリスムを代表する画家。細長く引き伸ばされ捻じれた身体、暗い色調が特徴の独創的な絵画や祭壇画を手がけたエル・グレコの生涯と代表的な作品を紹介します。
マニエリスム

アルチンボルドの生涯と代表作・作品解説

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526年 - 1593年)は、野菜や果物の寄せ絵で知られるマニエリスムを代表する画家。代表作に『四季』『四大元素』などがあります。アルチンボルドの緻密な表現描写は後の静物画のきっかけともいえるものです。
北方ルネサンス

北方ルネサンス(北方美術)とは

北方ルネサンスのネーデルラントやフランドルでは初期キリスト美術や中世ゴシック美術のような緻密で写実的な絵画も制作されました。14~16世紀のあいだにドイツやフランドルで起こった北方ルネサンスをブリューゲル、アルトドルファー、ヤン・ファン・エイクなどの絵画を交えながらわかりやすく解説します。
北方ルネサンス

ハンス・ホルバインの生涯と代表作・作品解説

ハンス・ホルバイン(1498年 - 1543年)は北方ルネサンスで活躍した画家。代表作品に『大使たち』、版画連作『死の舞踏』などがあります。『大使たち』はアナモルフォーシス(歪像画)が施されており、鑑賞する角度を変えてみると図像が浮かび上がる仕掛けになっています。