北方ルネサンス

北方ルネサンス(北方美術)とは

北方ルネサンスのネーデルラントやフランドルでは初期キリスト美術や中世ゴシック美術のような緻密で写実的な絵画も制作されました。14~16世紀のあいだにドイツやフランドルで起こった北方ルネサンスをブリューゲル、アルトドルファー、ヤン・ファン・エイクなどの絵画を交えながらわかりやすく解説します。
北方ルネサンス

ハンス・ホルバインの生涯と代表作・作品解説

ハンス・ホルバイン(1498年 - 1543年)は北方ルネサンスで活躍した画家。代表作品に『大使たち』、版画連作『死の舞踏』などがあります。『大使たち』はアナモルフォーシス(歪像画)が施されており、鑑賞する角度を変えてみると図像が浮かび上がる仕掛けになっています。
北方ルネサンス

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの生涯と代表作・作品解説

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンは、北方ルネサンス・初期フランドル派の画家です。代表作に『聖母を描く聖ルカ』『十字架降下』『読書するマグダラのマリア』などがあります。作品の鑑賞ポイントや技法について解説します。
スポンサーリンク
北方ルネサンス

ヤン・ファン・エイクの生涯と代表作・作品解説

ヤン・ファン・エイクは北方ルネサンスの画家。代表作品に『アルノルフィーニ夫妻の肖像』『宰相ロランの聖母』ファン・エイク兄弟作『ヘントの祭壇画』などがあります。透明の油絵具を薄く塗り重ねるグレーズ技法を完成させたとされる画家でもあり、緻密で色鮮やかな油彩画が特徴です。
北方ルネサンス

ルーカス・クラーナハの生涯と代表作・作品解説

ルーカス・クラーナハ(クラナッハ)は、肖像画や独特な美人を描いた北方ルネサンスの巨匠。代表作品に肖像画『ルターの肖像』、宗教画『ユディト』、神話画『三美神』『ヴィーナス』などがあります。クラーナハは画家と実業家を両立・成功させた人物でもありました。
北方ルネサンス

ピーテル・ブリューゲルの生涯と代表作・作品解説

ピーテル・ブリューゲルは、ネーデルラントの世俗を反映した絵画や寓意画、宗教画などで知られる北方ルネサンスの画家でブリューゲルの代表作に『バベルの塔』『雪中の狩人』『ネーデルラントのことわざ』などがあります。ブリューゲル一族は父であるピーテルを始め息子たちも画家になりました。
北方ルネサンス

ヒエロニムス・ボスの生涯と代表作・作品解説

ヒエロニムス・ボスは北方ルネサンス・初期フランドル派を代表する画家。独特の世界観が広がる祭壇画や寓意画などで知られるヒエロニムス・ボスの代表作品には『快楽の園』『干草の車』『七つの大罪と四終』『十字架を担うキリスト』『放蕩息子』などがあります。
北方ルネサンス

アルブレヒト・デューラーの生涯と代表作・作品解説

アルブレヒト・デューラーは北方ルネサンスで活躍したドイツの画家。デューラーの代表作は版画に『ヨハネの黙示録』『騎士と死と悪魔』『メランコリアI』『書斎の聖ヒエロニムス』、油彩画に『自画像』『アダムとエヴァ』『四人の使徒』などがあります。
盛期ルネサンス

ティツィアーノの生涯と代表作・作品解説

ティツィアーノ・ヴェチェッリオは盛期ルネサンス・ヴェネツィア派を代表する画家。ティツィアーノの代表作に『ウルビーノのヴィーナス』『田園の奏楽』『エウロペの略奪』『バッカスとアリアドネ』『ダナエ』などがあります。
盛期ルネサンス

パオロ・ヴェロネーゼの生涯と代表作・作品解説

パオロ・ヴェロネーゼは盛期ルネサンス・ヴェネツィア派の画家。世俗的な宗教画が物議を醸したこともあるヴェロネーゼの代表作には『カナの婚礼』『レヴィ家の饗宴』『美しきナーニ』『ヴェネツィアへ贈り物を捧げるユノ』などがあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました