象徴主義

エドヴァルド・ムンクの生涯と代表作・作品解説

エドヴァルド・ムンクは、『叫び』『マドンナ』『思春期』などで知られる、世紀末芸術のなかでも象徴主義に分類されるノルウェー出身の画家です。連作『生命のフリーズ』など、心の不安や葛藤を主題にした作品を多く手がけ、その斬新で個性的な作風は批判を浴びることもありました。
バロック

ヨハネス・フェルメールの生涯と代表作・全作品一覧

ヨハネス・フェルメールは名画『真珠の耳飾りの少女』『牛乳を注ぐ女』などの代表作があるバロック期のオランダ人画家です。現存する絵画30数点という寡作の画家でも知られるフェルメールの生涯や絵画技法、全作品を一挙紹介。柔らかい光に包まれた市民の日常を淡々と描き出すフェルメール作品の鑑賞ポイントもわかりやすく解説します。
バロック

ディエゴ・ベラスケスの生涯と代表作・主要作品一覧

ディエゴ・ベラスケスはスペインで活躍した宮廷画家でありヨーロッパの絵画史上最大の肖像画家のひとりにも数えられるバロック美術の巨匠です。ベラスケスの代表作に『ラス・メニーナス』『ブレダの開城』『教皇インノケンティウス10世』『鏡のヴィーナス』などがあります。ベラスケスはフェリペ4世や王族関係者、侍女や道化などスペイン王宮に住まう人々の肖像画も多く手がけました。
スポンサーリンク
象徴主義

オディロン・ルドンの生涯と代表作・作品解説

オディロン・ルドンは、象徴主義を代表するフランスの画家・版画家。奇妙な怪物などの石版画や木炭画で知られ代表作に『眼=気球』『キュクロプス』『目を閉じて』などがあります。内的感覚や神秘体験を芸術に昇華させたルドンの表現は後のダダイスムやシュルレアリスムへのきっかけにもなりました。
ナビ派

ピエール・ボナールの生涯と代表作・作品解説

ピエール・ボナールは、19世紀後半~20世紀前半に活躍したナビ派のフランス人画家です。浮世絵や日本画の影響を強く受けたボナールは「日本かぶれのナビ」とも称されました。愛妻が入浴する姿を何点も描いたことで知られており、ポスター制作や版画家としても実績を残しています。
バロック

ピーテル・パウル・ルーベンスの生涯と代表作・作品解説

ピーテル・パウル・ルーベンスは「王の画家にして画家の王」という異名を取り美術史史上最も成功したとも言われるバロック美術の巨匠です。日本では、フランダースの犬で主人公ネロが天に召される前に観た祭壇画『キリスト昇架』『キリスト降架』の作者としてもよく知られています。
美術館・博物館

日本の美術館のTwitter公式アカウント一覧

日本全国の美術館(博物館)のTwitter公式アカウントを都道府県別にリストアップ、一覧にまとめました。展覧会の情報や混雑状況、休館日など役立つ情報を積極的にツイートしている美術館も多いので、ぜひフォローしてみてください。全部の美術館アカウントをまとめた公開リストも用意しました。
美術館・博物館

世界の美術館のTwitter公式アカウント一覧

ヨーロッパやアメリカなど世界中の美術館(博物館)Twitter公式アカウントを地域・国別にリストアップ、一覧にまとめました。海外旅行の下調べやお気に入りの作品を所蔵する美術館のフォローなどにお役立てください。全部の美術館アカウントをまとめた公開リストも用意しました。
マニエリスム

エル・グレコの生涯と代表作・作品解説

エル・グレコは『オルガス伯の埋葬』や『受胎告知』などで知られるマニエリスムを代表する画家。細長く引き伸ばされ捻じれた身体、暗い色調が特徴の独創的な絵画や祭壇画を手がけたエル・グレコの生涯と代表的な作品を紹介します。
マニエリスム

アルチンボルドの生涯と代表作・作品解説

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526年 - 1593年)は、野菜や果物の寄せ絵で知られるマニエリスムを代表する画家。代表作に『四季』『四大元素』などがあります。アルチンボルドの緻密な表現描写は後の静物画のきっかけともいえるものです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました