Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
バロック

ディエゴ・ベラスケスの生涯と代表作・作品解説

ディエゴ・ベラスケスはスペインで活躍した宮廷画家でありヨーロッパの絵画史上最大の肖像画家のひとりにも数えられるバロック美術の巨匠です。ベラスケスの代表作に『ラス・メニーナス』『ブレダの開城』『教皇インノケンティウス10世』『鏡のヴィーナス』などがあります。ベラスケスはフェリペ4世や王族関係者、侍女や道化などスペイン王宮に住まう人々の肖像画も多く手がけました。
バロック

ピーテル・パウル・ルーベンスの生涯と代表作・作品解説

ピーテル・パウル・ルーベンスは「王の画家にして画家の王」という異名を取り美術史史上最も成功したとも言われるバロック美術の巨匠です。日本では、フランダースの犬で主人公ネロが天に召される前に観た祭壇画『キリスト昇架』『キリスト降架』の作者としてもよく知られています。
バロック

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)の生涯と代表作・作品解説

カラヴァッジオ(カラヴァッジョ)はバロックを代表する画家。カラヴァッジオの写実性と劇的な明暗表現を組み合わせた作風は、これまでにないドラマティックな宗教画を生み出し、カラヴァジェスキと呼ばれる多くの模倣者ほか全ヨーロッパの芸術家に影響を及ぼしました。
カラヴァッジョの作品

『ナルキッソス』カラヴァッジョ作品の解説

『ナルキッソス』は、水に映る自分の美しい姿に酔いしれ溺れ死んだ美少年ナルキッソスをモデルにしたカラヴァッジョによる1597年頃の作品。現在はローマ国立美術館所蔵。NHK・Eテレで放送中のテレビ番組「びじゅチューン!」のモデル作品に取り上げられるなど日本でも広く知られている作品です。
カラヴァッジョの作品

『ホロフェルネスの首を斬るユディト』カラヴァッジョ作品の解説

『ホロフェルネスの首を斬るユディト』は旧約聖書外典ユディト記の一場面を描いた作品。初期バロック美術の巨匠・カラヴァッジョが1598-1599年頃に制作した油彩画で現在はローマにある国立古典絵画館所蔵。暗闇にホロフェルネスの上半身とユディトだけが浮かび上がるカラヴァッジョの巧みな光の使い方が見事な作品です。
カラヴァッジョの作品

『エマオの晩餐』カラヴァッジョ作品の解説

『エマオの晩餐』はエルサレムから少し離れたエマオにキリストが現れた場面を描いたカラヴァッジョの最高傑作とも評される宗教画。現在はロンドン・ナショナル・ギャラリーが所蔵しています。明暗のはっきりとしたコントラストの強い表現、劇的でドラマティックな構図の『エマオの晩餐』は、度々模倣されるほど人気を博しました。
カラヴァッジョの作品

『洗礼者聖ヨハネの斬首』カラヴァッジョ作品の解説

『洗礼者聖ヨハネの斬首』はカラヴァッジョの代表作のひとつで、カラヴァッジョ作品のなかで唯一署名が入っている作品。マルタ島を統治する聖ヨハネ騎士団のために1608年に制作された幅5mを超える大作は、カラヴァッジョの生涯においても最大サイズの作品となりました。聖ヨハネ准司教座聖堂附属美術館に所蔵されています。
象徴主義

オディロン・ルドンの生涯と代表作・作品解説

オディロン・ルドンは、象徴主義を代表するフランスの画家・版画家。奇妙な怪物などの石版画や木炭画で知られ代表作に『眼=気球』『キュクロプス』『目を閉じて』などがあります。内的感覚や神秘体験を芸術に昇華させたルドンの表現は後のダダイスムやシュルレアリスムへのきっかけにもなりました。
ナビ派

ピエール・ボナールの生涯と代表作・作品解説

ピエール・ボナールは、19世紀後半~20世紀前半に活躍したナビ派のフランス人画家です。浮世絵や日本画の影響を強く受けたボナールは「日本かぶれのナビ」とも称されました。愛妻が入浴する姿を何点も描いたことで知られており、ポスター制作や版画家としても実績を残しています。
象徴主義

エドヴァルド・ムンクの生涯と代表作・作品解説

エドヴァルド・ムンクは、『叫び』『マドンナ』『思春期』などで知られる、世紀末芸術のなかでも象徴主義に分類されるノルウェー出身の画家です。連作『生命のフリーズ』など、生や死、病など心の不安や葛藤を主題にした作品を多く手がけ、その斬新で個性的な作風は批判を浴びることもありました。