Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カール・ラーション展の混雑・口コミ・評判・見どころは?

カール・ラーション展・東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

カール・ラーション自画像

カール・ラーション自画像

2018年9月22日(土)より、東京・新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にてカール・ラーションの展覧会「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」が開催されています。

カール・ラーションは、家族をモティーフにした心あたたまる水彩画を数多く手がけた北欧スウェーデンの画家。スウェーデン国立美術館の階段ホールに展示されているラーションの油彩画『冬至の生贄』は、一時日本人の蒐集家が所蔵していたことでも話題になりました。

日本で開催されるカール・ラーションの展覧会は1994年以来今回で2回目、なんと24年ぶりの回顧展です。今回のカール・ラーション展には、カール・ラーションの油彩・水彩画、版画、挿絵のほか、カール・ラーションの自宅インテリアを彩った小物など計130点以上が展示されています。

カール・ラーション展 見どころ

ジャポニスムの影響を受けたカール・ラーション

カール・ラーション『アザレアの花』1906年ティールスカ・ギャラリー

カール・ラーション『アザレアの花』

パリで暮らしていた時期があるカール・ラーションは、ジャポニスムから強い影響を受けました。展示作品のひとつ『アザレアの花』は、アザレアの花を手前中央に置いた線描からジャポニスムが感じられる作品となっています。

カール・ラーションの理想的なライフスタイル

カール・ラーション夫妻は、北欧スウェーデンの自宅「リッラ・ヒュットネース」を改装・増築しながら子ども達を育てました。カール・ラーション夫妻が作り上げた理想的な暮らしは、今なお多くの人々のライフスタイルに影響を与えており、カール・ラーションが暮らした「リッラ・ヒュットネース」は、現在カール・ラーション・ゴーデン(記念館)として一般に公開されています。

自宅のインテリアや家具を自分達でデザインし、妻カーリンによるテキスタイルで整え、いま流行りの言葉で言うなら「丁寧な暮らし」を実践していたカール・ラーションファミリー。

今回のカール・ラーション展は、カール・ラーションの絵画や版画、挿絵のほか、ラーションが絵付けした皿、妻カーリンによるテーブルクロスやタペストリー、クッションカバーなど、カール・ラーションの理想的な暮らしぶりが垣間見られる展示構成となっています。

あたたかみのあるカール・ラーション作品がお好きな方はもちろん、北欧の雰囲気やインテリアがお好きな方にもおすすめの展覧会です。

カール・ラーション展・作品紹介

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて開催中のカール・ラーション展に展示されている作品を何点かピックアップしてご紹介します。

カール・ラーションン『明日はクリスマス・イヴ』

カール・ラーション『明日はクリスマス・イヴ』1892年カール・ラーション・ゴーデン
作品名:明日はクリスマス・イヴ
作者:カール・ラーション
制作年:1892年
所有者:カール・ラーション・ゴーデン

カール・ラーション『カーリンの命名日のお祝い』

カール・ラーション『カーリンの命名日のお祝い』カール・ラーション・ゴーデン
作者:カーリンの命名日のお祝い
制作年:1899年
所有者:カール・ラーション・ゴーデン

カール・ラーション『かくれんぼう』

カール・ラーション『かくれんぼう』1901年カール・ラーション・ゴーデン
作品名:かくれんぼう
作者:カール・ラーション
制作年:1901年
所有者:カール・ラーション・ゴーデン

カール・ラーション『史跡巡りをする夫妻』

カール・ラーション『史跡巡りをする夫妻』1906年カール・ラーション・ゴーデン
作品名:史跡巡りをする夫妻
作者:カール・ラーション
制作年:1906年
所有者:カール・ラーション・ゴーデン

カール・ラーション展 概要・チケット・評判

カール・ラーション展 開催概要

展覧会名:カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家
開催会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
開催期間:2018年9月22日(土)~ 12月24日(月・休)
開館時間:午前10時~ 午後6時
※10月3日(水)、26日(金)、12月18日(火)~23日(日)は午後7時まで
※いずれも入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(9月24日、10月1日、8日、12月24日は開館)
※休館日が追加・変更になる場合あり
公式サイト東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

カール・ラーション展チケット

チケット料金

お得な早割券:販売終了

前売券:販売終了

当日券
一般:1,300円
大学・高校生:900円
65歳以上:1,100円
中学生以下:無料

学生料金(無料の中学生含)は学生証、65歳以上は年齢の分かる証明書が必要

チケット購入方法

カール・ラーション展の前売券は、取り扱いが終了しています。

当日券の購入には、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 受付(開館日のみ)、チケットぴあ(Pコード:769-171)、ローソン(Lコード:31813)、イープラスほか主要プレイガイドが利用できます。

詳しくはカール・ラーション展を開催中の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館公式サイトからご確認ください。

カール・ラーション展公式案内ページ

カール・ラーション展の混雑状況

損保ジャパン日本興亜本社ビル42階からの眺め

損保ジャパン日本興亜本社ビル42階からの眺め(撮影:美術ファン)

現在、カール・ラーション展は、ほぼ全ての時間帯で混雑なく鑑賞できるようです。

損保ジャパン日本興亜本社ビル42階にある東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館は、美術館入り口からの見晴らしが良いことでも知られていますが、現在地での営業は来年9月で終了(隣接地の低層ビルにて2020年春リニューアルオープン)が決定していますので、高層階からの眺めは今のうちですね。

こちらの美術館の常設展示には約58億円という落札価格でも話題になったゴッホの『ひまわり』が展示されており、平日など入場者の少ないときはほぼ独り占めで鑑賞できます(個人的に隣にゴーギャンの作品が並べられているところに毎回グッときます)。展覧会とあわせ常設展もおすすめです。

カール・ラーション展の評判・口コミ

カール・ラーション展・会場アクセス

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1丁目26−1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階