ピエール・ボナール展の混雑状況・口コミ・評判・見どころは?

ピエール・ボナール展 六本木・国立新美術館

ピエール・ボナール『猫と女性 あるいは餌をねだる猫』1912年頃 オルセー美術館

ピエール・ボナール『猫と女性』1912年頃 オルセー美術館

2018年9月26日(水)より、六本木・国立新美術館にてピエール・ボナール展が開催されています。

ピエール・ボナールは、ゴーギャンに強い影響を受けて結成されたナビ派の画家。「日本かぶれのナビ」の異名を持つボナールは、妻マルトをモデルにした作品や何気ない日常の風景を切り取った優しい色彩溢れる作品を残したほか、ポスターを制作するデザイナーや版画家としての顔も持っていました。

ピエール・ボナールの生涯と作品解説
ピエール・ボナールは、19世紀後半~20世紀前半に活躍したナビ派のフランス人画家です。浮世絵や日本画の影響を強く受けたボナールは「日本かぶれのナビ」とも称されました。愛妻が入浴する姿を何点も描いたことで知られており、ポスター制作や版画家としても実績を残しています。

ピエール・ボナール展の見どころ

ボナール初期の作品から、遺作となった『花咲くアーモンドの木』まで、日本国内外のボナール作品が130点以上も展示されている六本木・国立新美術館のピエール・ボナール大回顧展。

近年、本国フランスでもナビ派やピエール・ボナールが再注目されており、2015年には、世界で最も多くのボナール作品を所蔵するオルセー美術館で開催されたピエール・ボナール展が大人気を博しました。

今回のピエール・ボナール展(六本木・国立新美術館)には、そのオルセー美術館から日本初公開となるピエール・ボナール作品が約30点も来日しています。

『黄昏(クロッケーの試合)』1892年 オルセー美術館

『黄昏(クロッケーの試合)』1892年 オルセー美術館

日本かぶれのナビ」とも呼ばれたボナールは浮世絵など日本美術から強い影響を受けました。今回のボナール展にも『庭の女性たち』や『黄昏』など日本の影響を色濃く感じる作品が展示されています。

ピエール・ボナール『白い猫』1894年、『大きな庭』1895年、いずれもオルセー美術館

『白い猫』1894年、『大きな庭』1895年、いずれもオルセー美術館

ボナールが描く犬や猫といった動物たちはユーモラスで可愛らしく、ボナールの優しい目線が感じられます。動物好きの方はボナールが描く動物たちの姿もチェックしてみてください。

今回のピエール・ボナール展には、油彩や素描だけでなく、版画や写真など様々なジャンルの作品が展示されています。ボナールの多才な側面を見ることができるでしょう。

ボナール展・作品紹介

国立新美術館にて開催中のピエール・ボナール展に展示されている作品を何点かピックアップしてご紹介します。

ボナール『庭の女性たち』

ピエール・ボナール『庭の女性たち』1890-1891年 オルセー美術館
作品名:庭の女性たち
制作年:1890-1891年
所有者:オルセー美術館

ボナール『ボート遊び』

ピエール・ボナール『ボート遊び』1907年 オルセー美術館
作品名:ボート遊び
制作年:1907年
所有者:オルセー美術館

ボナール『桟敷席』

ピエール・ボナール『桟敷席』1908年 オルセー美術館
作品名:桟敷席
制作年:1908年
所有者:オルセー美術館

ボナール『化粧室あるいはバラ色の化粧室』

ピエール・ボナール『化粧室あるいはバラ色の化粧室』1914-1921年 オルセー美術館
作品名:化粧室あるいはバラ色の化粧室
制作年:1914-1921年
所有者:オルセー美術館

ボナール『ル・カネの食堂』

ピエール・ボナール『ル・カネの食堂』1932年 オルセー美術館
作品名:ル・カネの食堂
制作年:1932年
所有者:オルセー美術館

ボナール『花咲くアーモンドの木』

ピエール・ボナール『花咲くアーモンドの木』1946-1947年 オルセー美術館
作品名:花咲くアーモンドの木
制作年:1946-1947年
所有者:オルセー美術館

ピエール・ボナール展 開催概要・チケット・評判

ボナール展 開催概要

開催会場:展覧会名オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展
開催会場:国立新美術館
開催期間:2018年9月26日(水)~ 2018年12月17日(月)
開館時間:10時00分~18時00分
※毎週金・土曜日は20時まで(ただし9月28日(金)、29日(土)は21時まで)
※いずれも入場は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日
※休館日は追加・変更になる場合あり
公式サイトhttp://bonnard2018.exhn.jp/

ボナール展 チケット

チケット料金

早割券・前売券の取り扱いは終了しました

当日券
一般:1,600円
大学生:1,200円
高校生:800円
※中学生以下は無料 

11月14日(水)~11月26日(月)は高校生無料観覧日(要学生証)

チケット購入方法

ボナール展の早割券・前売券の取り扱いは終了しました

当日券の購入は、国立新美術館チケット窓口(開館日のみ)、公式オンラインチケット、チケットぴあ(Pコード:768-996)、ローチケ(Lコード:32551)、セブンチケット(セブンコード:062-686)などが利用できます。

詳しくはボナール展公式サイトのチケット情報からご確認ください。

ピエール・ボナール展公式サイト
チケット情報:http://bonnard2018.exhn.jp/ticket/

ボナール展の混雑状況

週末など一部の時間帯でチケット売り場や入場口に混雑が見られますが、国立新美術館で開催されている展覧会としては比較的空いている時間が多いようです。

ただ、会期終了が近づくにつれ混んでくると思われます。早めの鑑賞が吉です。

ボナール展の評判・口コミ

ピエール・ボナール展、SNSでの評判や口コミです。

ボナール展・会場アクセス

国立新美術館
〒106-8558 東京都港区六本木7丁目22−2

ピエール・ボナールの生涯と作品解説
ピエール・ボナールは、19世紀後半~20世紀前半に活躍したナビ派のフランス人画家です。浮世絵や日本画の影響を強く受けたボナールは「日本かぶれのナビ」とも称されました。愛妻が入浴する姿を何点も描いたことで知られており、ポスター制作や版画家としても実績を残しています。
error:Content is protected