ナビ派

ピエール・ボナールの生涯と代表作・作品解説

ピエール・ボナールは、19世紀後半~20世紀前半に活躍したナビ派のフランス人画家です。浮世絵や日本画の影響を強く受けたボナールは「日本かぶれのナビ」とも称されました。愛妻が入浴する姿を何点も描いたことで知られており、ポスター制作や版画家としても実績を残しています。
バロック

カラヴァッジョ(カラヴァッジオ)の生涯と代表作・作品解説

カラヴァッジオ(カラヴァッジョ)はバロックを代表する画家。カラヴァッジオの写実性と劇的な明暗表現を組み合わせた作風は、これまでにないドラマティックな宗教画を生み出し、カラヴァジェスキと呼ばれる多くの模倣者ほか全ヨーロッパの芸術家に影響を及ぼしました。
バロック

ヨハネス・フェルメールの生涯と代表作・全作品一覧

ヨハネス・フェルメールは名画『真珠の耳飾りの少女』『牛乳を注ぐ女』などの代表作があるバロック期のオランダ人画家です。現存する絵画30数点という寡作の画家でも知られるフェルメールの生涯や絵画技法、全作品を一挙紹介。柔らかい光に包まれた市民の日常を淡々と描き出すフェルメール作品の鑑賞ポイントもわかりやすく解説します。
バロック

ディエゴ・ベラスケスの生涯と代表作・主要作品一覧

ディエゴ・ベラスケスはスペインで活躍した宮廷画家でありヨーロッパの絵画史上最大の肖像画家のひとりにも数えられるバロック美術の巨匠です。ベラスケスの代表作に『ラス・メニーナス』『ブレダの開城』『教皇インノケンティウス10世』『鏡のヴィーナス』などがあります。ベラスケスはフェリペ4世や王族関係者、侍女や道化などスペイン王宮に住まう人々の肖像画も多く手がけました。
バロック

ピーテル・パウル・ルーベンスの生涯と代表作・作品解説

ピーテル・パウル・ルーベンスは「王の画家にして画家の王」という異名を取り美術史史上最も成功したとも言われるバロック美術の巨匠です。日本では、フランダースの犬で主人公ネロが天に召される前に観た祭壇画『キリスト昇架』『キリスト降架』の作者としてもよく知られています。
マニエリスム

エル・グレコの生涯と代表作・作品解説

エル・グレコは『オルガス伯の埋葬』や『受胎告知』などで知られるマニエリスムを代表する画家。細長く引き伸ばされ捻じれた身体、暗い色調が特徴の独創的な絵画や祭壇画を手がけたエル・グレコの生涯と代表的な作品を紹介します。
マニエリスム

アルチンボルドの生涯と代表作・作品解説

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526年 - 1593年)は、野菜や果物の寄せ絵で知られるマニエリスムを代表する画家。代表作に『四季』『四大元素』などがあります。アルチンボルドの緻密な表現描写は後の静物画のきっかけともいえるものです。
北方ルネサンス

北方ルネサンス(北方美術)とは

北方ルネサンスのネーデルラントやフランドルでは初期キリスト美術や中世ゴシック美術のような緻密で写実的な絵画も制作されました。14~16世紀のあいだにドイツやフランドルで起こった北方ルネサンスをブリューゲル、アルトドルファー、ヤン・ファン・エイクなどの絵画を交えながらわかりやすく解説します。
北方ルネサンス

ハンス・ホルバインの生涯と代表作・作品解説

ハンス・ホルバイン(1498年 - 1543年)は北方ルネサンスで活躍した画家。代表作品に『大使たち』、版画連作『死の舞踏』などがあります。『大使たち』はアナモルフォーシス(歪像画)が施されており、鑑賞する角度を変えてみると図像が浮かび上がる仕掛けになっています。
北方ルネサンス

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの生涯と代表作・作品解説

ロヒール・ファン・デル・ウェイデンは、北方ルネサンス・初期フランドル派の画家です。代表作に『聖母を描く聖ルカ』『十字架降下』『読書するマグダラのマリア』などがあります。作品の鑑賞ポイントや技法について解説します。
北方ルネサンス

ヤン・ファン・エイクの生涯と代表作・作品解説

ヤン・ファン・エイクは北方ルネサンスの画家。代表作品に『アルノルフィーニ夫妻の肖像』『宰相ロランの聖母』ファン・エイク兄弟作『ヘントの祭壇画』などがあります。透明の油絵具を薄く塗り重ねるグレーズ技法を完成させたとされる画家でもあり、緻密で色鮮やかな油彩画が特徴です。
北方ルネサンス

ルーカス・クラーナハの生涯と代表作・作品解説

ルーカス・クラーナハ(クラナッハ)は、肖像画や独特な美人を描いた北方ルネサンスの巨匠。代表作品に肖像画『ルターの肖像』、宗教画『ユディト』、神話画『三美神』『ヴィーナス』などがあります。クラーナハは画家と実業家を両立・成功させた人物でもありました。
北方ルネサンス

ピーテル・ブリューゲルの生涯と代表作・作品解説

ピーテル・ブリューゲルは、ネーデルラントの世俗を反映した絵画や寓意画、宗教画などで知られる北方ルネサンスの画家でブリューゲルの代表作に『バベルの塔』『雪中の狩人』『ネーデルラントのことわざ』などがあります。ブリューゲル一族は父であるピーテルを始め息子たちも画家になりました。
北方ルネサンス

ヒエロニムス・ボスの生涯と代表作・作品解説

ヒエロニムス・ボスは北方ルネサンス・初期フランドル派を代表する画家。独特の世界観が広がる祭壇画や寓意画などで知られるヒエロニムス・ボスの代表作品には『快楽の園』『干草の車』『七つの大罪と四終』『十字架を担うキリスト』『放蕩息子』などがあります。
北方ルネサンス

アルブレヒト・デューラーの生涯と代表作・作品解説

アルブレヒト・デューラーは北方ルネサンスで活躍したドイツの画家。デューラーの代表作は版画に『ヨハネの黙示録』『騎士と死と悪魔』『メランコリアI』『書斎の聖ヒエロニムス』、油彩画に『自画像』『アダムとエヴァ』『四人の使徒』などがあります。
テキストのコピーはできません。