挑戦!美術検定

美術検定とは?

美術が好きな方、美術館に通われている方なら「美術検定」という検定名を目にしたことがあるのではないでしょうか。就職や受験に有利なタイプの検定ではありませんが、教養を高めたい方、美術好きな方が挑戦する検定として注目されています。

美術検定公式サイト

「美術検定」は、美術の知識・教養を高め、鑑賞力を養いつつ、積極的にアートにかかわる人材を育成するプログラムとして2003年から実施してきな「アートナビゲーター検定」が、2007年より名称変更したものです。全国の公立美術館が加盟する美術館連絡協議会と協力しながら、美術界と社会をつなぐ新たな役割の創出を目指しています。(美術検定実行委員会によるテキストより抜粋)

どんな問題が出題されるの?

美術検定には1~4級があり、2~4級は選択問題のマークシート(2級は選択&穴埋め)、1級は記述解答です。

  • 4級:有名な西洋美術と日本美術の作品
  • 3級:西洋美術・日本美術史に登場する作品や作家、美術の動向や形式、時代背景など歴史的な流れ。
  • 2級:西洋美術・日本美術史の基本的な知識や情報を始め、建築工芸や技法、写真映像、現代美術、美術館など幅広い美術の知識。
  • 1級:美術鑑賞の場の役割や機能、現状に関する知識をはじめ、鑑賞をする視点からの作品描写や、より楽しい鑑賞のためのアイデアなど。美術に携わる立場としての知識を問われる点が他の級と異なります。

美術検定の合格率は?

美術検定の気になる合格率は3級で7~8割、2級で3割前後といったところ。美術好きであれば3級は比較的気軽に受験できるのではないでしょうか。ちなみに1級は2級取得者のみ受験可能となっており、合格率は1割台と難関です。

2018年の美術検定の試験日は?

美術検定は年に1回、秋に行われています。2018年度の美術検定は、11月11日(日)開催が決定しています。受験申し込み期間は2018年7月3日(火)~10月4日(木)です。

詳細については美術検定公式サイト受験要綱をご確認ください。

美術検定の対策・勉強法は?

いずれの級も西洋美術、日本美術の作品に関する問題の配点が大きいです。日頃から美術関係のニュースに目を通したり、多くの作品を見るよう心がけ、西洋美術史・日本美術史ともに時代ごとのムーブメントや流れを把握しておきましょう。

また、国内の展覧会などで注目された画家・作品、海外の美術館などの情報は必ず押さえておきましょう。特に数年前~1年後くらいまでの大きな展覧会の情報はジャンル・年代を問わずチェックしておくことをおすすめします。日曜美術館(NHK Eテレ)、美の巨人たち(テレビ東京)といった教養系のテレビ番組は展覧会のスケジュールに沿った内容の特集を組むことが多いので、そちらも併せてチェックしておくと理解が進むと思います。

書籍では、美術検定協会が発行している参考書・問題集がコンパクトにまとまっていておすすめです。過去問もできるだけ揃えましょう。当サイト美術ファン(bijutsufan.com)でも美術検定に出題されやすい芸術家や有名作品、建造物などを取り上げていますので、参考になさってください。

1級を受験される場合は、幅広い美術の知識だけでなく、運営側からの視点も求められますので、キュレーションや美術館経営の関連書籍にも目を通しておきましょう。解答は記述になりますので、論文的な文章力、短時間で文章を組み立てる力も養っておくことが大切です。

投稿日:2017年8月27日 更新日:

執筆者:

error: Content is protected