美術検定について

美術検定とは?

美術が好きな方なら「美術検定」という検定名を目にしたことがあるのではないでしょうか。就職や受験に有利なタイプの検定ではありませんが、教養を高めたい方、美術好きな方が挑戦する検定として注目されています。

「美術検定」は、美術の知識・教養を高め、鑑賞力を養いつつ、積極的にアートにかかわる人材を育成するプログラムとして2003年から実施してきな「アートナビゲーター検定」が、2007年より名称変更したものです。全国の公立美術館が加盟する美術館連絡協議会と協力しながら、美術界と社会をつなぐ新たな役割の創出を目指しています。(美術検定実行委員会によるテキストより抜粋)

どんな問題が出題されるの?

美術検定には1~4級があり、2~4級は選択問題のマークシート(2級は選択&穴埋め)、1級は記述解答です。

  • 4級:有名な西洋美術と日本美術の作品
  • 3級:西洋美術・日本美術史に登場する作品や作家、美術の動向や形式、時代背景など歴史的な流れ。
  • 2級:西洋美術・日本美術史の基本的な知識や情報を始め、建築工芸や技法、写真映像、現代美術、美術館など幅広い美術の知識。
  • 1級:美術鑑賞の場の役割や機能、現状に関する知識をはじめ、鑑賞をする視点からの作品描写や、より楽しい鑑賞のためのアイデアなど。美術に携わる立場としての知識を問われる点が他の級と異なります。

いずれの級も西洋美術、日本美術の作品に関しての配点が大きいです。日頃から美術関係のニュースに目を通したり、多くの作品を見るよう心がけ、併せて時代ごとのムーブメントや流れなども把握しておくと良いでしょう。

このサイトbijutsufan.comでは過去に美術検定で出際されたアーティストや作品、建造物なども取り上げるよう心がけています。

美術検定の合格率は?

美術検定の気になる合格率は3級で7~8割、2級で3割前後といったところ。美術好きであれば3級は比較的気軽に受験できるのではないでしょうか。ちなみに1級は2級取得者のみ受験可能となっており、合格率は1割台と難関です。

美術検定の試験日は?

美術検定は年に1回、秋に行われています。2017年度の美術検定は、11月12日(日)開催が決定しています。受験申し込み期間は2017年7月3日(月)~10月5日(木)です。お早めに。

美術検定公式サイト

投稿日:2017年8月27日 更新日:

執筆者:

現在の総記事数:743件

カテゴリー

error: Content is protected